借換え(フラット35S→フラット35)で、結局いくら節約できたのか。

 

ワラビモチ家が当初借入をした2015年8月の住宅ローン金利は1.58%(当初10年は−0.6%の0.98%)で、それでも十分低金利だと思っていました。


フラット35・金利0.9%適用。借換えの金消契約のため、優良住宅ローンに行ってきました。

 

2016年8月21日(日)の午前中、待ちに待った「借換承認通知」と「借換シミュレーション」がレターパックライトで届きました。


優良住宅ローンからの承認通知はまだ来ませんが、なんと先に金消契約日が決まりました。

 

住宅金融支援機構の審査結果を尋ねたところ、「承認でおりる予定」と、イマイチはっきりしない回答を頂いたモチ子。


優良住宅ローンに借換えの申込みをしたけれど、不信感と不安でいっぱい。(後編)

 

手紙で問い合わせても、電話で問い合わせても、折り返し連絡をくれると言われても、結局担当者からの連絡はありませんでした。

優良住宅ローンに借換えの申込みをしたけれど、不信感と不安でいっぱい。(前編)

 

2016年8月の今現在、モチ子は住宅ローンの借り換えのために動いています。

続きを読む >>


自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク