神経質なモチ子にとって、新興住宅地での暮らし(夏休み期間)は想像以上にストレスフル。

 

「新興住宅街」と聞くと、大規模な宅地開発によってできた綺麗で新しい街並みを想像されるかもしれませんが、新たに開発された住宅地であれば規模の差はあれ新興住宅地と言えます。

 

 

小規模新興住宅地となりつつあるワラビモチ家の周辺と、その弊害。

 

モチ子は現在育休中のため、基本的に一日中自宅におります。

 

そうすると、仕事をしていた頃には気づかなかった、自宅周辺の日中の様子を知ることになります。

 

「電気メーターの検針員さんって、一応会釈してから敷地に入るのねー。」

 

とか、

 

「郵便配達員さん、このぐらいの時間に来てたのねー。」

 

とか、

 

「あそこの道端、いつも似たような軽自動車が路駐してるなー。(なんか怪しい)」

 

とか、

 

「あのお宅のおじさん、草むしりの頻度多いなー。(暇なのかな)」

 

とか。

 

どうでもいいことばかりですが、これらの気づきが案外楽しかったりします。

 

 

期間限定とはいえ、仕事のプレッシャーから解放され、愛するマイホームでぐうたらできる幸せを噛み締めているモチ子。

 

 

しかし、しかしです。

 

ここ1ヶ月ほどは「日中自宅にいるのがキツイ」と感じることが多かったです。

 

マイホーム命のモチ子にとって、自宅にいるのがキツイというのはとても悲しく悔しいことです。

 

 

では、なぜキツかったのか、それは、

 

小学校や中学校が夏休みだから。

 

 

もっとわかりやすく言うと、

 

小学生や中学生の、遊ぶ声や音がうるさいから。

 

 

「子どもが3人もいるお前が言うかー!」という声が聞こえてきそう。(汗)

 

 

でも、うるさいんだもの。

(あっ石投げないで!)

 

 

ここに2年前から住んでいますけど、2年前の夏は全く気にならず、昨年の夏はフルタイムで仕事をしていたのでもちろん気にならず、というか知らず。

 

おそらく、ここ2年ほどの間に近所にたくさん家が建ちましたので、子供も増えたのでしょう。(良いことです)

 

 

この立地で「子供道路族」に悩まされることになろうとは・・。

 

もちろん保育園児や幼稚園児だって同じくらい煩いのですが、この年齢の子供には親がついているので、遊ぶ際にはある程度近隣住民への配慮が見られます。

 

でも小学生や中学生ともなると親がついていないので、ストッパーが効きません。

 

あぁ、

 

実家のご近所さんも、モチ子が子供の頃には「うるさいなー夏休み早く終われ」と思っていたことでしょう。

 

誰しも昔は子供でしたし、うちの子供たちだって今後は今以上にご迷惑おかけすることもあるかもしれません。

 

でも、それはそうと、

 

うるさいものはうるさいんですよ。

(まだ言うか)

 

 

まぁ「音」に関しては窓を閉めてエアコンをかければ良いのですが(本当は最近涼しくなってきたので窓から外の風を入れたいところですが)、よその子が我が家の敷地内に飛んだボールを取りに入ったり、フェンスによじ登っているのが窓越しに見え、気になって仕方ありません。

 

文字にしてみると「ボール取りに入るくらい別によくない?」という気もしますが、これが頻繁だと結構イライラするもんでして。

 

そもそも、君たちが遊んでいる場所、道路ですからね。(ワラビモチ家の南側)

 

 

この道路、以前はそこまで車の往来が多くなかったのですが、この2年で周辺にどんどんと家が建ち、車通りが多くなってきました。

 

お向かいでも分譲地の宅地造成工事が進行中ですし、今後ますます車や人の往来が増えることでしょう。

 

 

我が家は車の往来が少ない奥まった道路沿いという立地ではないので「道路族」に遭遇することはないだろうと思っていたのですが、これも親がいないだけで立派な道路族ですよね。

 

モチ子は我慢できずに「危ないよー」と言っちゃう方なんですけど、注意したところで、しばらくは道路遊びを控えてくれても、ほとぼり冷めた頃にまた現れます。

 

新興住宅地にはメリットもありますが、子供が多いがゆえのデメリットもあるということでしょうか。

 

冬休みの時期はこの「子供道路族」が全く気にならなかったので、なぜ夏休み中だけ?と少々不思議なのですが、まぁこちらの冬は寒さが厳しいので、さすがの若さ溢れる小中学生も大人しく屋内で過ごしているのかもしれません。

 

 

この土地を購入したことは後悔していませんが、ここまで開発が進むとは、ちょっと想定外でした。

 

職場復帰は憂鬱ですが、こういった光景を見ずに済むようになるのは精神衛生上良いことかもしれません。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク