我が家の住宅ローン返済計画表(償還予定表)を大公開。

 

我が家は2015年8月にモーゲージバンクである「優良住宅ローン」で新規借り入れ(2,400万円)をし、早くも翌2016年8月には同社で借り換え(2,288万円)を行いました。

 

新規借入からまだ1年しか経過していませんでしたが、全期間固定で0.9%という超底金利になっていたので迷わず行動に移しました。

 

 

ワラビモチ家、今後の住宅ローン返済の動向はいかに。

 

マイホームを新築した当初の借入額は2,400万円でしたが、借換え繰り上げ返済の効果もあって、これまでに222万円ほどの元金を減らせています。

 

下記は、来月以降のワラビモチ家の返済計画表(償還予定表)です。

 

 

来月9月時点での住宅ローン残高は21,779,199円ですが、3年後の2020年にはやっと2千万円を切ることが確認できます。

 

一千万円台になるのかー。(しみじみ)

 

 

ちなみに毎月の返済額は66,803円なので、一年間では801,636円返済していることになります。

 

例えば、今年2017年9月から来年2018年9月までの1年間で減ることになる残元金は608,136円ですから、差額193,500円も利息を支払うことになります。

 

おぉ、結構な負担。

 

しかし、毎年返済を重ねていくにつれ、毎月の返済額(66,803円)に占める割賦元金の割合がどんどん多くなり、2047年9月から2048年9月までの1年間では796,554円も残元金を減らせることになります。(この場合の割賦利息は年間たったの5,082円。)

 

 

住宅ローン返済、借入残高がいくらになればゴールが見えてくる?

 

モチ子の気持ち的には、残元金が一千万円を切るとだいぶ楽になります。

 

桁が変わると気分も変わるという感じでしょうか。

 

償還予定表を見ると、一千万円を切るのは18年後の2035年です。

 

退職金の一部を返済に充てるとすれば、残元金が数百万円になってくると完済の見通しが立ちやすくなります。

 

だいぶ先のことではありますが、焦ってむやみに繰上げ返済に走ることなく、地道にコツコツ支払っていきたいです。

 

相方が貯金のできないワラビ君である以上、無理は禁物ですからね。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク