我が家のメインカード(ライフカード)改悪により、乗り換え先をどこにするか悩んだ結果・・

 

いやー、知らなかった。ライフカード、大改悪してるじゃないですか!(遅い)

 

 

現在、ワラビモチ家のメインカードは「ライフカード」です。

 

メインと言いますか、他のクレジットカードを思い切って全て断捨離し、モチ子はワラビ君名義のライフカードの家族カードを使用しているので、本当にこれ一本しか使用していません。

 

ライフカードは「誕生月のポイント加算が大きいから、夫婦別々にそれぞれの名義のカードを作った方が良い」という論調が多いですが、モチ子は微々たるポイントをゲットすることより、家計管理をシンプルにすることを優先したかったので、家族カードを利用していました。

 

ライフカードは、基本となる還元率が0.5%とやや物足りない感じでして、年間利用金額150万円以上でやっと2倍の1%になります。(2017年6月までは。)

 

 

ただ、還元率1%で年会費無料のクレジットカードなんて 楽天カード やら YJカード やらそこら中にゴロゴロありますから、正直これだけじゃライフカードなんて何の旨味もないクレジットカードなのですが、「誕生月ポイント」というものがかなりの破壊力を持っていました。

 

誕生月だけは、通常の5倍である2.5%の還元率になるという特典です。

 

最大にして唯一のライフカードの強みです。

 

 

大改悪により、なんの取り柄もないクレジットカードに成り下がったライフカード。

 

ライフカードは、だいぶ前にワラビ君が作成したカードでして、連絡先メールアドレスもワラビ君が管理しているので、モチ子は毎月の利用明細を確認することしかしていません。

 

それが仇となりました。

 

2017年7月1日からライフカードのポイントプログラム(LIFEサンクスポイント)が大改悪されていたことに今さら気づきました!

 

どうやら3月にはライフカードから利用者にメールで連絡が来ていた様子。(ワラビ君教えろや〜)

 

表向きは「ポイントプログラムリニューアル♪」なんて楽しげな案内ですが、内容はと言いますと(ワラビモチ家の年間利用額では)メリットがただの一つもないという、気持ちいいくらいの改悪っぷり。

 

うん、

 

なんの未練もなく、お引っ越し先を探したいと思います。

 

 

ワラビモチ家的改悪内容を書き出してみる。(もしかしてライフカード、サービス終了に向けて動いてる?)

 

まず、先ほど「年間利用金額150万円以上でやっと還元率が1%になる」と書きましたが、リニューアル後は年間利用金額200万円以上で還元率が1%になります。

 

我が家の年間利用金額は150万円〜200万円ぐらいなので、還元率は0.9%(通常の1.8倍)にダウンしそうです。

 

そして、これまで2.5%の高還元率を謳っていた「お誕生月ポイント」は、還元率1.5%(通常の3倍)にダウンします。

 

たまったサンクスポイントは、いつもJCBギフトカードに交換していたのですが、こちらの交換レートも悪化しています。

 

これまでは、

 

1,000ポイント → 5,000円

1,800ポイント → 10,000円

8,800ポイント → 50,000円

15,000ポイント → 100,000円

 

という感じで、ポイントが多ければ多いほど、お得にJCBギフトカードと交換できました。

 

しかし、2017年7月1日以降は1万円以上の券種は廃止となりました。

 

うぅー、やっと今月1,800ポイントに到達したのにー。

 

 

JCBギフトカードに限らず、図書カードやクオカード、JTB旅行券にAmazonギフト券、そのほかVプリカなど、あれもこれも改悪・・いやリニューアルしたようです。

 

あとはポイントギフト(家族間のポイント進呈)も廃止だそうです。そもそもモチ子はこの特典の存在を知りませんでしたが。

 

かろうじて、1年間のプログラム期間の利用金額が50万円以上で付与される「スペシャルボーナス300ポイント」は継続されるようです。

 

300ポイントというのは1,500円分のポイントなので有難いっちゃあ有難いですが、モチ子が度々お世話になっていたギフトカードへの交換は1,000ポイントからなので、道は遠いです。

 

 

乗り換え先のクレジットカードは何がおすすめ?モチ子が迷ったカードと最終的に選んだカードをご紹介。

 

まず、モチ子的に絶対に譲れない条件は「無料で紙の料金明細が郵送されること」です。

 

高還元率なんかより大事です。

 

アナログ人間なので、家計管理は紙ベースで把握しておきたいのです。

 

自分で毎月毎月プリントアウトするのは面倒なので、郵送サービスは譲れません。

 

なので、楽天カードみたいに明細書発行費用が有料のところは最初から候補にあがりません。(実は以前持っていたけれど、キャンペーンやらメールやらが多くて疲れてしまったこともあり手放した。)

 

 

そして今回、ライフカードから乗り換えることを考えた時に、ポイント制度の分かりやすさと使いやすさって大事だなーと実感しました。

 

ライフカードは基本1,000円につき1ポイントが付与されて、基本200ポイントが1,000円に換算されるのですが、この仕組みが好きじゃないのです。

 

100円につき1ポイント付与で、1ポイントはそのまま1円の価値というシンプルなシステムがモチ子好みです。

 

 

頭の中を整理すると、モチ子の優先順位は下記の通りとなりました。

 

無料で郵送される紙明細 > 分かりやすいポイント付与制度 > 還元率 > 年会費無料(家族カードも)> ETC登録年会費無料

 

 

レックスカードは1.25%の高還元&Jデポで直接値引きが嬉しいけれど国際ブランドがVISAしか選べないし(日本人ならやはりJCBに貢献したい)、受付再開のリーダーズカードも同じく1.25%の高還元Jデポで直接値引きですが国際ブランドはマスターカード一択。

 

そしてこの「1.25%」という還元率もいつまで維持できるか疑問です。

 

数年後にまた更に改悪されるのでは?(例えば1.25%から1%へ)と思うと、とりあえず様子を見たいカードです。

 

ピーワンウィズカードも1.5%の高還元で人気ですが、基本リボ払いカードですし、ETCカードの新規発行手数料(税別1,000円)や有効期限更新発行手数料(税別1,000円)は痛い。(ETCカードだけメインのクレカと別のとこにするのは、管理上すっきりしなくてイヤ。)

 

リクルートカードの還元率は1.2%となかなか良いですが、ETCカードの新規発行手数料が税別1,000円かかりますし、これまたJCBが選択できないので却下。

 

ただ、超低金利の日本で1.5%とか1.25%の還元率でクレジットカードを使えるなんて、企業側も頑張っていると思います。

 

何パーセントだって、もらえるだけで有難い。

 

なので、還元率にはそこまでこだわらないことにして、このカードを選びました。

 

 

「オリコカード ザ ポイント」です。

 

 

申し込んだ後で知ったのですが、どうやらこのカードを作ると保険勧誘の電話がしつこくくるらしいです。(ちーん)

 

まあ、来たら来たで、もうモチ子に勧誘の電話をかけようなど微塵も思えぬような応対をしてやりますので 問題なし。

 

 

新しくクレジットカードを作る時に付き物の入会特典。目がくらむけれど振り回されすぎないように。

 

我が家の新しいメインカードとなる「オリコカードザポイント」ですが、現在新規入会キャンペーンをしています。

 

固定費はモチ子名義のカード、それ以外はワラビ君名義のカードで支払うことにしましたので、新規入会キャンペーンに伴うそれぞれの獲得予定ポイントと付与の時期は下記の通りとなります。

 

 

【モチ子】固定費専用。11/30までに5万円以上利用。

入会特典:1,000P(カード到着1〜2ヶ月後)

電気料金:1,000P(2018年4月中旬)

キャッシング:500P(2018年4月中旬)

家族カード:500P(2018年4月中旬)

(計:3,000P)

 

【ワラビ君】固定費以外。11/30までに15万円以上利用。

入会特典:1,000P(カード到着1〜2ヶ月後)

キャッシング:500P(2018年4月中旬)

15万円利用:3,000P(2018年4月中旬)

家族カード:500P(2018年4月中旬) 

(計:5,000P)

 

 

入会特典の1,000Pはともかく、それ以外のポイントは来年の4月に付与されるので、時が来たら忘れずにオリコポイントゲートウェイサイトで確認したいと思います。

 

あと、入会キャンペーン絡みのポイントは有効期限が半年と短いので、付与が確認できたら速攻使う予定です。(通常ポイントの有効期限も1年と短め。)

 

モチ子の方ですが、キャンペーン期間の3ヶ月間(9/1〜11/30)に固定費だけで5万円超えというのは問題ないと思いますが、支払いクレジットカードの変更内容が反映されるまで1、2ヶ月を要する場合があることを考えると、15万円超えは微妙かなーという感じです。

 

ただ、15万円にもう少しで届きそうな感じであれば、今回に限り固定費以外のものもモチ子のカードで決済して、プレゼントポイントの3,000Pも頂こうと思います。

 

携帯電話料金の登録で1,500P(2018年4月中旬付与予定)というキャンペーンもあるのですが、そのうちauから格安SIMに乗り換えるつもりなので、ポイントプレゼント対象外となりそうです。(プレゼント時点で対象企業への支払い登録を解除していると付与対象外。)

 

ワラビ君もモチ子も、キャンペーンポイント欲しさにキャッシング利用枠を設定しましたが、ポイントが付与されたら速攻でキャッシング枠をゼロにします。(これもプレゼント時点でキャッシング枠の設定を解除していると対象外になってしまうので、すぐには解除できません。)

 

 

そしてそして入会後6ヶ月間は、なんと誰でもポイント還元率が2%となります。

 

通常は1%の還元率なので2倍です!

 

ただね、ここで冷静になってください。

 

6ヶ月間の期間限定とはいえ、1%が2%になるというのはありがたいことですが、6ヶ月特別加算のオリコポイントには5,000ポイントという上限が設けられています。

 

5,000ポイント貰うために使うお金は50万円。

 

このカードをメインカードとして使用していれば4ヶ月ぐらいで余裕で上限を突破しちゃうでしょう。

 

こういう時は「イェーイ!2%の高還元〜!」なんてはしゃいで無駄な買い物するより、キャンペーンなど気にせず普段通りに買い物した方が口座残高を減らさずに済みますよ、絶対。

 

 

モチ子的、オリコカードザポイントのメリットとデメリット。

 

比較対象がライフカードオンリーで申し訳ないんですけど、メリットはまずポイント交換の柔軟さです。

 

例えばライフカードの場合、300サンクスポイントから楽天スーパーポイント(1,500円分)に交換できるのですが、300サンクスポイントを貯めるには通常30万円の買い物をしなければいけません。(年間200万円以上使う方ならポイント2倍なので15万円。)

 

それがオリコカードザポイントなら、10万円使えば1,000オリコポイントが付与されて、そのまま1,000円分の価値の楽天スーパーポイントに交換できます。

 

 

また、上記提携ポイントへの移行は数週間かかることもありますが、「オンラインクーポン」であれば、交換後すぐに使えるようになりますのでかなり便利です。

 

オンラインクーポンの種類は、Amazonギフト券・iTunesギフトコード・LINEギフトコード・nanacoギフトなど他にも数種類あり、500オリコポイントから交換できるものも多いです。

 

即時に使えるのは便利ですが、モチ子はどのオンラインクーポンも要らない(特にLINEギフトコードなんか全く要らん)ので、今のところは選択肢に入っていません。

 

でも、交換先が多種多様なのは良いですね。

 

 

他にオリコカードザポイントのメリットとして、オリコモールを経由したネットショッピング時のポイント加算が太っ腹とか、ポストペイ式電子マネーのiDとQuicpayが搭載されてるとかがよく挙げられますが、これもモチ子にとってはどうでも良いです。

 

ポイントに振り回される生活は疲れるので、シンプルで使いやすいポイントがおまけ程度に付けば良いな、という心持ちです。

 

ただ、このオリコポイント、先ほどもチラッと書きましたが、有効期限が1年と短いのがデメリットです。

 

なので交換可能なポイントがたまったら、さっさと交換して、普段の買い物で無理なく消費していきたいと思っています。

 

 

あとは、「家族会員または本人会員間でオリコポイントが移行できる(家族間のポイント移行)」ということらしいのですが、これって、「それぞれ自分名義のオリコカードを持っている夫婦がお互いにオリコポイントを送り合える」と解釈しても良いのかしら?

 

どうやら家族カードを持っている人が普通に街などで買い物した時のポイントは本人会員に付与されるのに対し、オリコモール利用により獲得したポイントは家族カード会員に付与されるようでして(こういう意味不明に複雑なシステム嫌い)、こんな時に家族カード会員から本人会員にポイント移行できるのは間違いなさそうですが、「本人会員間でのオリコポイントの移行」の解釈に迷います。

 

すでにオリコカードザポイントを持っている人が、それとは別の国際ブランドのオリコカードザポイントを作った場合を想定しているのか、我が家のように夫婦でそれぞれ自分名義のカードを作った場合を想定しているのか。

 

カッコ書きで「(家族間のポイント移行)」とは書いてありますが、本人会員同士の続柄なんてカード会社にわかる訳ないので、ワラビモチ家のパターンは対象外?

 

 

そう言えば、ライフカードの今回の改悪内容に「ポイントギフト(家族間のポイント進呈)」の廃止というのがありましたが、これは本人会員同士でポイントを贈り合えるものだったのかな?

 

ライフカードでは、家族カード利用分のポイントは特に何もせずとも全て本人会員のポイントに合算されていたので、本人会員同士という意味で良さそうな気も。

 

でも本人会員同士となると、家族かどうかの判定はどのように?自己申告?

 

あぁ、細かいことが気になる。モチ子の悪い癖です。(杉下右京風)

 

 

なので、オリコカスタマサポートにメールで問い合わせをしました!

 

しかし、問合せフォームまでたどり着くのには結構苦労しましたね。

 

「くだらない質問するんじゃねぇぞー」

 

「ちゃんと自分で調べてから聞けやー」

 

という圧力をひしひし感じながら、なんとか質問できました。

 

あとは回答を待つのみです。  ⬇ 下記の通り回答ありました!

 

オリコポイントの「家族間移行」につきましては、「本人会員様」と「家族会員様」が相互に移行いただきます。

ご夫婦でそれぞれ本人会員様の場合は家族間移行のご利用はいただけません。

家族間移行をご利用いただく場合は、家族会員様のカード番号でeオリコサービスならびにオリコポイントゲートウェイの会員登録をいただきますと、「家族間移行」の項目が表示されます。

モチ子様におかれましては、現在本人会員様のみeオリコサービス・オリコポイントゲートウェイに登録となっておりますので、家族会員様のカード番号で会員登録をいただけますようお願い申しあげます。

なお、オリコポイントゲートウェイは同じメールアドレスの登録は出来なくなっております。

予めご了承の程お願い申しあげます。

 

ほー・・なんだか面倒だわね。

 

 

最後に、ワラビモチ家の住宅ローン借入金残高を大公開!

 

これからは気が向いた時に、記事の最後に住宅ローンの借入金残高を載せようと思います。

 

【借入金残高】21,779,199円 なり。

 

まだまだ先は長いでございます。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク