北朝鮮ミサイル発射に伴うJアラートにより、モチ子の家庭用核シェルター購入願望が高まる。(が、購入資金はない。)

 

以前、マイホームを新築される方は同時に家庭用核シェルターを作ることも検討すべし と記事にしましたが、お守りがわりに我が家にもほしい今日この頃です。

 

 

目覚ましがわりのJアラート、大雨か何かの警報と思いきや・・

 

8月29日6時2分、モチ子とワラビ君のスマホ(auのiPhone)が「チャララララーン♪」と大音量で鳴り響きました。

 

・・どんな音か、皆さんにちゃんと伝わっているかしら。

 

「ティロリロリーン♪」の方が分かりやすいですかね?

 

さて、

 

「大雨の警報か何かかな?」と思い画面を覗き込むと、まさかの北朝鮮からのミサイル発射による緊急速報でした。

 

 

2017/8/29  06:02

「ミサイル発射。ミサイル発射。北朝鮮からミサイルが発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。」(総務省 消防庁)

 

 

モチ子の住む地域は田舎なので、残念ながら地下街はありません。

 

堅牢な建物も近くには無いので、下手に移動しようものなら、屋外で被害にあう可能性が高まるだけです。

 

なので、自宅にいるのがベスト。

 

気休めにカーテンを引いて、一応窓ガラスから離れてみました。

 

もしミサイルが近くに落ちることがあれば、自慢の断熱防音効果抜群の極厚壁やトリプルガラスをもってしても一溜まりもないでしょうが、実際にはその確率は相当低いです。

 

 

ところでJアラートの警報音(チャイム)の種類が思っていたものとは違いました。

 

以前、念のために国民保護サイレンの音(不気味な不協和音という感じ)を確認していまして、今回のような場合にはその音が鳴るかと思っていたので完全に認識不足でした。

 

あの不気味なサイレンは、居住地域に武力攻撃の危険(ミサイル着弾の可能性がある場合など)がある場合に、防災行政無線が自動的に起動し吹鳴されるようです。

 

危機が迫っている際に、スマホや携帯電話から国民保護サイレンが鳴り響くわけではありませんので、緊急速報メールの音を聞いて「たぶん緊急地震速報ね」と蔑ろにしたりせず、きちんと通知情報を確認しましょうね。

 

サイレンが鳴った地域(恵庭市)の様子を撮影した動画を見ましたが、あれが街に鳴り響いたらかなり怖いですね。まさに空襲警報という感じでした。

 

ミサイルの軌道の真下にある自治体では、落下物や着弾を警戒してサイレンが鳴ったのでしょう。

 

 

今のご時世、家族のためにも防災意識を高めた家づくりをしたい。

 

日本は何を考えているか分からない隣国に囲まれていますので(せめて島国で良かった)、政府に守ってもらうだけでなく、国民一人一人も自己防衛の意識をもう少し強く持つべきだと思います。

 

くだらない盛りそばかけそば論争などに、貴重な時間を浪費している余裕はありません。

 

「憲法9条」と書かれたお札を家中に貼っても、家族は守れませんよ。

 

3.11の大震災で、いつも通りの日常がある日突然奪われるという体験を実際に経験していることもあり、たとえ徒労に終わるとしても今回のミサイル危機に対しては出来るだけの対策をしておきたい気持ちが強いです。

 

とは言え、今から自宅をリフォームして地下室を作るとか、庭に家庭用シェルターを埋め込むという大掛かりなことは金銭的に難しいので、物資不足を想定して食料や医薬品の備蓄をしています。

 

あとは細かいことですが、車のガソリンをメーターギリギリになってから給油するのではなく、マメに満タンにしています。

 

これも3.11大震災の教訓です。(常に燃料満タンは多少燃費悪くなりますけどね。)

 

 

ミサイルが自宅を直撃して建物全壊とか確率の低いことに対する備えはしていません、というか対策のしようがないので、その時は諦めるほかありません。

 

化学兵器や生物兵器を相当量保有している北朝鮮ですから、防護マスク(防毒マスクや防塵マスクなど)などの備えがあれば尚安心かとは思いますが、防げる対象物や使用時間の違い、防護服と合わせて使用しないと意味がない場合もあり、なかなかチョイスが難しいです。

 

もし自宅にいる際に化学剤・生物剤が用いられた攻撃を受けた場合には、まず換気システムを切ります。(先日Jアラートが鳴った際にも、ワラビモチ家では換気システムを吸気・排気ともにオフにしました。)

 

内閣官房作成の武力攻撃やテロから身を守るための資料には「目張りにより室内を密閉し〜」と書いていますが、まさか防衛という観点から我が家の高気密性能の要であるドレーキップ窓(やヘーベシーベ)が役に立つとは思いもしませんでした。

 

これからマイホームを新築される方は、光熱費節約と防衛のために、断熱性と気密性が高い良質な窓を採用されることをお勧めします。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク