【 web内覧会 】浴室

 

以前、我が家の子供部屋のクローゼットをご紹介したことがありましたが、待望の第2弾内覧会(もどき)を開催します!

 

 

需要はあまり無いでしょうが、ワラビモチ家のバスルームをご紹介。

 

バスルーム・・。

 

なんだか響きがオシャレすぎて違和感アリアリなので、やっぱり浴室でいきましょうか。

 

ワラビモチ家の浴室は、すごーくシンプルです。

 

お風呂掃除はワラビ君の担当ということもあり、浴室選びは基本的にはワラビ君が主体となって進めました。

 

ワラビ君もモチ子も浴室にそこまで拘りが無い分、余計なものを極限まで削減することに拘りました。

 

 

ただ、一つだけモチ子が出した条件があります。

 

それは、カウンター(洗面器などを置くテーブルみたいなやつ)は絶対いらない ということ。

 

これは譲れない。

 

もともと我が家族は誰も洗面器を使わないため単純にカウンターが必要がないのですが、よそ様の家づくりブログを拝見するたび「カウンターの裏側がカビる」だとか「裏側の構造が複雑で掃除がしづらい」という意見を見かけるもんで、尚更いらないという気持ちが強くなりました。

 

今でこそ、アライズ(リクシルのシステムバス)の「丸洗いカウンター」とか、サザナ(TOTOのシステムバス)の「お掃除ラクラク カウンター」なんてのがありますが、ワラビモチ夫妻が住宅設備メーカー巡りをしていた2015年にはそんなものありませんでした。

 

 

工務店に聞いてもメーカーに直接聞いても「浴室のカウンターは外せません」の一点張りでして、素人丸出しのモチ子は「カウンターなんて最初から壁と完全に一体化してるわけじゃなくて後付けなんだから、付けなきゃいいだけの話じゃない!」と思うわけですが、そう簡単なものではないらしく。

 

「ミラーはいらない」は選択できても「カウンターはいらない」は選択できない。

 

「収納棚はいらない」は選択できても、「カウンターはいらない」は選択できない。

 

 

ムキー!!

 

 

そして、カウンターが外せるシステムバスルームを選ぼうとすると、標準的なものよりグレードの低いものしか選べなかったのです。(今はどうか分かりませんが当時は。)

 

例えば、洗い場水栓をスクエアハンドルにアップグレードしたくても、リングハンドルしか選択できなかったり。

 

というか、プランをダウングレードすればカウンターを外せるって意味が分からんです。

 

「ハイグレードのプランじゃないと融通きかないわよ〜ウフ♡」とかなら分かりますけど、逆ですからね。

 

 

ちなみに、カウンターを外したことによる差額はマイナス3,500円(税抜)でした。

 

さほど節約効果はありませんね。

 

でも良いんです、純粋に存在が邪魔なので。

 

むしろ増額になっても外したいくらいですから。

 

 

ワラビモチ家の浴室を大公開!

 

我が家の浴室は、TOTOのサザナ(1坪サイズ)です。

 

 

モチ子的重要ポイントは、次の3つです。

 

 

エアインクリックシャワー(メタル調) 

 

「エアイン」はあまり興味ありませんが、「クリック」機能がとてつもなく便利です。

 

シャワーヘッドのボタンで出し止めできるのですが、節水効果はなかなかのもの。

 

そしてこのボタン、風呂掃除の時に大活躍してくれます。

 

手元のボタンで水を止めたり出したりできることが、こんなに風呂掃除の際のストレスを減らしてくれるとは。

 

ダルトンのソープホルダー

 

ソープホルダー本体を吸盤で浴室の壁に吸着させて、磁石を包んだギザギザ(?)を石鹸に強く押し込んで使います。

 

 

石鹸が宙に浮かぶ様は美しい!

 

 

カウンターが無い!

 

先ほどさんざん説明したので、もう書くことありません。笑

 

 

そのほか、浴室あれこれ。

 

鏡について、モチ子は要りませんでしたが、ワラビ君が髭剃りの時に必要ということで採用しました。

 

曇り止めもなにもない、シンプルな鏡です。

 

 

タオル掛けや浴槽横の手すりは、シャワー同様メタル調で揃えています。

 

 

照明はダウンライト(LEDランプ)が3灯で、住み始めた頃は眩しく感じました。

 

新居に引っ越す前、アパート暮らしの頃の浴室は薄暗かったのでね。(それが落ち着く。)

 

お掃除担当のワラビ君が、あらゆる面で凹凸が少ないことを望んだので(そこは私も完全同意)ダウンライトにしたものの、選択肢には1灯も2灯も4灯も無く「3灯」一択でして、入居前から「眩しいだろなー」とは思っていましたが、やはり眩しかった。

 

 

あとは今のお風呂って寝そべるように浸かる形状がスタンダードですけど、これが好きじゃない。

 

体育座りのように膝を立てて座った状態で、お湯が首まで来るような、昔ながらの深い浴槽が好みです。

 

今風の浅い浴槽は、小さい子や高齢者やその介助者にとっては使い勝手が良いかもしれませんし、身体的にも負担が少ないのでしょうが、なんか入った気がしないんですよね。

 

・・あ、モチ子の場合、子供達と一緒に入浴するからというのも大きいですけど。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク