家づくりブログらしさゼロ。慰安婦合意破棄も同然。韓国は念願の赤化統一に向けて真っしぐら!

 

近くて遠いあの国ですが、なんと言いますか、日本人が予想する遥か斜め上を自信満々で爆進中です。(ある意味凄い)

 

 

反日・反米・親中・親北の文在寅が率いる韓国政府、年明け以降は北朝鮮以上に暴走しております。

 

昨日の午前中に北朝鮮には尻尾を振り、同じ日の午後には日本に後足で砂をかけるという、もはやレッドチームであることを隠しもしない堂々たる振る舞い。

 

こんなに思い切ったことができるなんて、一体南朝鮮はどこで何を勘違いしてしまったのでしょうか。

 

昨年夏、文大統領は「運転席に座って朝鮮半島情勢を主導するぜ!」と意気込んだものの、これだけゴマをすっている中国からは邪険に扱われ、同盟国アメリカからは不信がられ、とうとう日本からも匙を投げられつつあります。

 

そんな中、元日に黒電話から「平昌五輪に選手派遣してやってもいいぞ(アメリカ怖いよー助けてー)」と言われ、「初めて頼られた!嬉しい!これを機にハンドル握っちゃうぜ!」と一気に舞い上がってしまったのでしょうか。

 

南北会談開催の同日に「他国の目が気になるから慰安婦合意の破棄はしないけど、それだと国民の目が怖いから履行はしないよー」と高らかに宣言しました。

 

おーおー、やっぱり大胆にゴールポスト動かした。

 

ただ自信満々で発表したものの、やはり内容に中途半端感があるのは否めなく、日本政府も最高権力者の慰安婦様も「はぁ?何言ってんの?」という反応でして、両方を苛立たせている真っ最中です。

 

当初、慰安婦合意について韓国政府がとる措置を発表する時期は平昌オリンピック閉幕後になるという話でしたが、それを大幅に前倒しして、北朝鮮との蜜月をアピールした後に間髪入れずに発表するというのは、もう日本との関係が壊れても全く気にしないという強気のメッセージですね。

 

 

バランス外交とかツートラック外交とか、前政権がうんぬんとか、都合良いことばっか言ってんじゃないよ。

 

しかし「前の政権が勝手にやったいけないことだから無かったことにしましょ♪」なんてなめた態度をとるのは日本に対してだけかと思っていたら、原発受注絡みでUAEにも同じことをしたようで。

 

勇気あるなぁ、アラブ諸国は日本のように甘くありませんよ。

 

もう、何面楚歌ですか?という感じ。

 

バランス外交という名の「相手によって言うことをコロコロ変える信用ならないコウモリ外交」で複数の関係国から信頼を失い(元々そんなに無いが)、赤化統一の危機を目前にしても日本叩きにばかり勤しむ南朝鮮。

 

いや、南朝鮮にとって赤化統一は危機では無いか。

 

文在寅も共産体制を目指していますから。

 

韓国憲法の改正草案を読んでみましたけど、なかなか社会主義的な改憲案でした。

 

平等!平等!みたいな。

 

北と南の違いは、北(反中)か南(親中)かということぐらいで、結局同じ朝鮮人ですから、多くの面で意見が合うのは当然とも言えます。

 

 

こんな傍目には散々な韓国外交であっても、韓国国内での評価は高いようでして、なんと現在の文在寅大統領支持率は驚きの172%だそうです!

 

・・あ、これ、文在寅の熱狂的支持者が作成している情報誌DailyMoon情報でした。失礼。

 

冗談はこれくらいにして、それでも先月12月時点での支持率はなんと70%弱という非常に高い支持率を保っています。

 

就任当初の80%超えの状況から見れば下がっているとは言え、それでも信じられないくらい支持されています。

 

そして、特に若者からの支持が厚いというのが大変興味深いです。

 

これからの韓国の未来を担う若者たちが文大統領の描く社会像を熱烈に支持しているのですから、もうこれは官民一丸となって理想の国家を目指して突き進んで頂きたいと思います。(棒)

 

どう予想しても、ここは自由主義陣営に留まっておいた方が明るい未来を迎えられると思うのですが、韓国の若者たちの閉塞感は日本人の想像を遥かに超えるようで、「格差のない」とか「平等」などの美しい響きに吸い寄せられてしまうのでしょう。

 

 

まあ南北朝鮮が今後どうなるか知ったこっちゃありませんが、慰安婦問題についてはここできちんとケリをつけないといけません。

 

連日まるで人ごとのようにこの問題を報じている「朝日新聞」には、まずは欧米向けに慰安婦捏造事件について謝罪と訂正を行って頂きたいですね。

 

というか、自発的にやれよ(怒)です。

 

朝日新聞社は2014年に朝刊紙面にて慰安婦捏造記事の撤回を発表しましたが、経緯もはっきり書かず謝罪の表現もなく、全く反省が見られないものでした。

 

こんなになるまで放置した日本政府にも怒りを覚えますが、それより何より諸悪の根源「朝日新聞」が海外に向けて捏造記事の撤回をしないのがもう・・。

 

関係のない第三国においても、韓国が大声でワーワー騒げば「日本てダメな国なんだ」と案外簡単に刷り込まれていきます。

 

日本政府の対応として「合意を履行せよ!」一辺倒では、結局のところ韓国とは永遠に平行線のままです。

 

平行線どころか、韓国は国際世論を丸め込んでジリジリと日本を追い詰めてきます、永遠に。

 

 

なので、慰安婦問題の解決方法はもはや「真実を韓国に認めさせ、真実を海外に訴える」これしか無いと思います。

 

かーなーりー時間と労力を要すでしょうが、今まで放置してきた報いですね。

 

朝日新聞については、これほど大きく国益を損ねる発端となった捏造記事を書いたことについて、もはや償いようが無いと思います。

 

そもそも償う気が全くなさそうなのが、物凄く腹立ちますが。

 

 

北朝鮮も南朝鮮も勘違いしているが、南北蜜月はアメリカによる北朝鮮攻撃の完璧な防波堤にはならない。

 

昨日の南北会談の共同報道文を読みますと、軍事当局会談やそのほか各分野での会談を開催することで合意したようですが、あからさま過ぎますね。

 

今後同胞同士、手と手を取り合って時間稼ぎしていくつもりのようです。

 

そして北朝鮮の首席代表は「原爆や水爆、弾道ミサイルなどあらゆる兵器は米国だけを対象としており、われわれの同胞や中国、ロシアを対象としていない」とも発言したそうですが、これってアメリカからすると、北朝鮮を攻撃しやすくなるっていうことですよね。

 

別にアメリカは韓国のために朝鮮半島情勢に首を突っ込んでいるわけではなく、北朝鮮がアメリカにとって直接的な危機だからこれだけ動いているわけですよ。

 

これまで、有事の際の韓国側の被害や文大統領が朝鮮半島での戦争は認めないと鼻息荒く発言したことを考慮すると、やはりアメリカ側も多少は軍事行動に出づらい面もありました。

 

けれど北朝鮮は、自国のあらゆる兵器は同胞である韓国を対象としたものではなく、米国だけを対象としていると言った。

 

米韓同盟が解消されるのは時間の問題ですし、北朝鮮は韓国を攻撃対象としていない(腹の底は別としても)、もうアメリカが北朝鮮を消しにかかる上での障壁は何も無くなったじゃないですか。

 

 

核の抑止力なんてのは、ある程度の信用がないと成り立ちません。

 

「日本列島を核で海に沈めてやるー」とか「米国の地を丸ごと核の火の海に」と言ったり、兄を第三国で毒殺したり、外国の大学生を昏睡状態にしたり、見事なまでに極悪非道な北朝鮮が核を持つなんて認められません。

 

「よそは持ってるのに、なんでうちだけダメなんだよー!」なんて喚きそうですが、よそはおたくのように核を使って他国を直接脅すようなことはしていません。

 

信頼性が違いすぎる。

 

 

こんだけ人権蹂躙しまくりの北朝鮮に対しては、同胞ということでだんまりを決め込む韓国。

 

かたや、かつて高給取りであった元売春慰安婦についてはヒステリックに「人権!人権!」と世界中を巻き込んで未だ大騒ぎ中。

 

ところで慰安婦問題とは違い、完全事実のベトナムにおけるライダイハン問題や、フィリピンにおけるコピノ問題についてはどうお考えなんでしょうね、韓国さん。

 

高給取りの売春慰安婦どころではない、ひどい人権侵害ですよ。

 

 

さて、米CSIS戦略国際問題研究所のエドワード・ルトワックスも言っていましたが、そもそも「ソウルの無防備さはアメリカが攻撃しない理由にはならない」です。

 

韓国が無防備なのは韓国の自業自得ですし、アメリカは当然自国の国防が最優先ですから。

 

一定間隔でちまちま南北会談を開催しているうちは、アメリカによる攻撃を受けないだろうと考えるのは浅はか過ぎます。

 

 

平昌五輪に参加することが決定した北朝鮮ですが、韓国政府が北朝鮮代表団の滞在費用を負担したりして、国連の対北朝鮮制裁決議に違反するようなことがあれば、晴れて世界中にレッドチーム認定してもらえることでしょう。

 

半島情勢うんぬんの前に、極寒で命の危険があるとされるシベリア五輪こと平昌五輪ですが、そのほか違法建築の宿泊施設がぼったくり価格だったり、韓国国会の丁世均議長が「もし平昌五輪への日本人観光客が少なかったら、2020年東京五輪には1人の韓国人も行かせない!」と発言したり、とにかく話題に事欠きません。

 

こう言った発言を見聞きする度に、北も南もまったく同じ生き物だなと感じます。

 

 

さて河野外相、そろそろ制裁発動といきましょうや。

 

中国様が韓国にやる「韓国に対する〇〇を禁止する!理由?無い!」みたいな、横柄で高圧的なやつは日本人には馴染みませんが、あれが正しい彼らの扱い方なのだろうと実感中。

 

あぁ、日本列島をもっと東へ動かしたい今日この頃。

 


関連する記事

    自己紹介

     

    iPhoneImage.png

     

    30代前半のモチ子と申します。

     

    27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

     

    3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

     

    にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

     

    ↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
    にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
    新築一戸建て

     

    ↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
    にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
    家にまつわるお金の話

     

    ↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
    にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
    住宅ローン

     

    スマホ版

    関連コンテンツ

    カテゴリ

    月別アーカイブ

    記事検索

    others

    スポンサーリンク