繰上返済貧乏まっしぐら!損しないか慎重にシミュレーション!

 

またまた悪い癖が。住宅ローンの繰り上げ返済をやりたくなってきました。(余力もないのに!)

 

 

10年間の住宅ローン控除適用中でも、繰上返済は併用可能。

 

今年の年末を含み、ワラビモチ家はあと7回住宅ローン控除を受けられます。

 

もし来年2019年1月に繰り上げ返済をするならば、今年の年末を除いた残り6回の住宅ローン控除額に影響が出ます。

 

損するならばやりたくないけれども、借入残高がじわじわ減っていくあの感覚が忘れられず、また手を出してしまうのですよね。

 

まさに、典型的な繰上返済貧乏!イエイ!

 

現状は、100万円は厳しいけれど50万円ぐらいなら何とか捻出できるかなーという感じです。

 

 

住宅ローン繰上返済による住宅ローン控除への影響を徹底シミュレーション!

 

まずは住宅金融支援機構の「住・まい・のーと」にて繰り上げ返済シミュレーションをしてみます。(このサイト、頻繁にセッションエラーが発生するのであまり好きでは無い。)

 

50万円を下限に試算すると、2019年1月の繰り上げ返済金額は「513,278円」と表示されました。

 

そしてその繰り上げ返済による軽減額は「154,752円」、最終返済月は2048年9月から2047年11月へ10ヶ月短縮されるようです。

 

 

では、同じ金額を住宅ローン控除適用終了後の2025年1月に行った場合にはどうなるのかシミュレーションしてみます。

 

すまいのーとでは6ヶ月後までのシミュレーションしかできませんので、カシオ計算機さんのサイトでシミュレーションしてみました。

 

すると、繰り上げ返済による軽減額は「119,765円」、最終返済月は2048年9月から2047年12月へ9ヶ月短縮されました。

 

 

繰上返済時期を6年先にしたことで、軽減額が34,987円も減ってしまいました。

 

でも考慮すべき項目は他にもありまして、そう「住宅ローン控除額」ですね。

 

2019年1月に繰上返済してしまうと、残り6回の住宅ローン控除額が繰上返済しない場合より約31,762円少なくなってしまいます。

 

 

では、結局どっちが得なのか?

 

ずばり、2019年1月に繰上返済をした方が、6年後に同額を繰上返済するよりもお得です!

 

↓ 計算はシンプル

 

利息軽減額の差額(34,987円)−住宅ローン控除額の差額(31,762円)=3,225円

 

 

はい、たった3千円程度です。

 

 

でも、たった3千円でも安いことは安いし、返済終了月も1ヶ月だけ短いし、オールOKです。

 

住宅ローン控除の減額分は、ふるさと納税で調整しようっと。

 

勘違いされている方が多いようですが、借入金利の高い方や、(我が家のように)借入残高がまだまだたんまりある方は「住宅ローン控除の期間が終わってからー」とか悠長なこと言ってないで、とっとと繰上返済した方が良いですよ。

 

あ、ちゃんとシミュレーションした上でね。

 

ワラビモチ家の理想としては、2043年3月までには住宅ローンを完済したいので、これからもこつこつちびちび繰上返済していきます。

 

・・と言いつつ、退職金をだいぶあてにしているモチ子なのでした。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク