暖かいマイホームに慣れたら、冬に夫の実家へ行くのが億劫に。

 

ま、冬だけではありませんが。笑

 

 

高気密・高断熱かつ計画換気の我が家は、冬でも家全体が快適温度です。

 

モチ子の住む地域では、まだ積もるほどではありませんが雪が降るようになってきました。

 

それでも外気温なんてなんのその、我が家は家中が温度差無く暖かいです。

 

しかも、一軒家にエアコン1台だけです。

 

超寒冷地に住んでいますが、電気代も大してかかりません。

 

建物のつくりにはこだわりました。

 

もちろんそれだけお金もかけました。

 

しかし、費用対効果は絶大だったと思っています。

 

賃貸アパートに住んでいた頃、頻繁に灯油を買いに車を走らせたり、リビング以外の部屋が極寒だったりしたのを懐かしく思い出します。

 

 

絶対戻りたくないわー。

 

 

必ず、冬暖かい&光熱費のかからないマイホームを新築するんだ、と長年思い続けていました。

 

建物の寿命やメンテナンスのしやすさなどを考えると、あまり複雑な設備を導入するのは考えものです。

 

そこで我が家のつくりは至極シンプルです。

 

床暖もありません。

 

ただ壁が分厚く、窓が最高に性能が良く、職人さんの腕が良かっただけです。

 

朝出勤前にエアコンの暖房を切って、夕方帰宅しても暖かいです。

 

賃貸アパート時代には考えられませんでしたね。

 

 

昔の家は寒い。最近の家でも安い家は寒い。

 

賃貸暮らしの頃は、寒さになんとか耐えられました。

 

なぜなら「仮の住まい」ですから。

 

もし、そこに死ぬまで住めと言われたら耐えられませんでしたが、いずれ家を建てる気マンマンだったので耐えられました。

 

でも年中快適な室温の我が家に慣れてしまった今、夫の実家の寒さに耐えられません。

 

本当はコートを脱ぎたくないのですが、脱がないと「寒いんですけど、この家」と言っているようなものなので、渋々脱ぎます。

 

自己中モチ子も、このぐらいの気は使えます。えっへん。

 

でも、

 

 

寒い、早く帰りたい

 

寒い、早く帰りたい

 

寒い、早く帰りたい

 

 

滞在中、ほぼこれしか考えていません。

 

そんなに古い家ではないですし、同じ築年数の日本の家は大体このぐらいの性能だろうと思います。

 

というか、最近建てられた新築戸建てでも、安かろう悪かろうの建物ですと似たようなもんです。

 

憧れの新築マイホームなのに結露すご!というお宅を見たこともあります。

 

うん千万の住宅ローンを組んで、賃貸アパートと変わらぬクオリティの新築戸建てに住むなんて悲しくありませんか?

 

 

マイホーム購入を検討されているそこのあなた!

 

来年の消費税増税を控え、8%のうちにと駆け込みで家を建てるようなことはせず、10%であれしっかりとした住宅メーカーを見つけ納得のいくマイホームづくりをしましょう。

 

増税される際には、住宅購入に関して何らかの支援策が導入されるはずですし(これまでもそうでした)慌てる必要は全くありません。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク