我が家の総貯蓄額を大公開(2018年11月末時点)

 

あと数日で冬のボーナスが入ります。

 

育児短時間勤務中なので当然減額されますが、40万円ぐらいはもらえるかな。

 

正社畜、いや正社員で良かったと実感する季節です。

 

 

11月末時点での我が家の総貯蓄額を大公開!

 

全財産(2018年11月末時点)

 貯蓄用口座 2,138,459 
 個人年金解約返戻金  1,586,100 
 メインバンク(ワ) 97,411 
 メインバンク(モ) 175,946 
 サブバンク(モ)
 ネットバンク(普) 32,000 
 種銭 652,501 
 その他 27,000 
小計   4,709,417 
 NISA評価額
 iDeCo評価額
小計   0 
合計   4,709,417 

 

住宅ローン借入金残高 2,0967,133円

 

 

先日記事にしました個人年金保険(ニッセイ年金)の払い済み保険への変更手続きが完了しました。

 

以後掛金を支払う必要はありませんが、解約返戻金はじわじわ増えていきます。

 

今すぐ解約して解約返戻金を全額NISA枠にぶち込みたい気もしますが、一つくらい、ささやかなお守りがわりに持っていても良いかなと思い解約には至りませんでした。

 

 

もし住宅ローンの繰上げ返済に400万円を投入したら、どれくらいの利息節約効果がある?

 

先ほど預貯金の残高等をご紹介しましたとおり、色々かき集めれば470万円ぐらいにはなります。

 

そこから、もし大体400万円ほどを住宅ローンの繰上返済にあてた場合、一体いくら利息を軽減できて、返済期間をどれくらい短縮できるのかシミュレーションしてみました。

 

すると・・

 

 

【総返済金額の軽減額】1,077,866円

 

【短縮される返済期間】76ヶ月

 

 

おお!

 

約100万円という軽減額もさることながら、完済時期が6年も短縮されるというのはかなりインパクトがありますね。

 

まぁ、70万円だけ手元に残して400万円を繰上返済に投入するなんてことはしませんが、ギリギリまで攻めろと言われたら(誰に?)モチ子の場合はこの辺が限界かと思います。

 

手元に最低でも200万円はないと不安という方もいるでしょうし、人それぞれですね。

 

 

さて、以前は繰上返済が大好物だったモチ子ですが、今回のシミュレーションを見ても実は全くときめきませんでした。

 

成長しましたね。

 

ワラビモチ夫妻は現時点では大した資産を持っていませんが、唯一の武器は「まだまだ時間が残されていること」です。

 

こんな小さいこと(住宅ローンの繰上返済による節約効果)に目をくらませている場合ではありません。

 

 

投資家デビューのための種銭を着々と蓄え中。

 

証券口座を開設してから、既にIPO申し込み&落選を3セットほど経験しましたが、まだ金額的には一銭も動いていないので、モチ子的にはまだ投資家デビューしていないつもりです。

 

種銭は上記のとおり652,501円まで貯まりました。

 

中途半端な金額なのは、預け先のSBIネット銀行ハイブリッド預金が毎月利払いであるためです。

 

種銭、まだまだ全然物足りないですね。

 

けれど、千里の道も一歩から。

 

まず目先の目標は切りよく100万円!

 

次の大暴落(チャンス)までに、少なくとも200万円ぐらいは用意しておきたいです。

 

とりあえず、今月12月支給の給与及びボーナスから50万円は投資資金に回す予定です。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク