計算したところ、平成30年分の源泉徴収票はこんな感じになりそうです。

 

平成30年分の給与所得の源泉徴収票の内容を予想してみました。

 

毎年のことですが、

 

便利なシミュレーションサイトが色々ありますので利用させていただき、その上で疑り深いモチ子は国税庁等のホームページを見ながらシミュレーション結果に間違いがないか確認しています。

 

そして年明け1月、職場から前年分の源泉徴収票を頂いたら答え合せをします。

 

なぜこのように面倒なことをするかと言いますと、過去に源泉徴収票の記載内容に誤りがあったことが二度あるからです。

 

今年は育児短時間勤務制度を利用させていただいたため、例年以上に間違われる可能性が高いと思っています。

 

実際、復帰初月の給与計算が間違っていましたので、その修正内容がきちんと源泉徴収票に反映されているか不安なところがありました。

 

ただ、今月の年末調整で還付された所得税額を見るに、支払金額が正しい額(修正後の金額)で計算されているようなので、ほぼほぼ大丈夫だろうとは思っています。

 

 

モチ子の平成30年分源泉徴収票の内容(予想)を大公開!

 

早速いきますよ。

 

【源泉徴収票の2行目】

支払金額:2,393,068円

給与所得控除後の金額:1,494,400円

所得控除の額の合計額:783,608円

源泉徴収税額:10,600

 

【源泉徴収票の4行目】

社会保険料等の金額:358,386円

生命保険料の控除額:45,222円

住宅借入金等特別控除の額:25,100円

 

本来の所得税額(復興税含まず)は35,500円でしたが、住宅ローン控除のおかげで10,400円となりました。

 

 

住宅ローン控除額が少ないので住民税に回る分はありませんが、今回2万円のふるさと納税をしたので来年6月からの住民税が安くなります。(前払い的な感じですが)

 

具体的には、本来であれば年額80,000円であった住民税がふるさと納税効果で62,500円に減額されます。

 

ちなみにワンストップ特例適用です。

 

自己負担額が2,000円ではなく2,500円となる寄付金額をあえて選択した理由については、前回記事にしたので今日のところは端折ります。

 

ふるさと納税効果で毎月徴収される住民税額が5,000円ちょい程度になるのはありがたいのですが、今年育休から復帰したばかりのモチ子は現在住民税が0円(育休中の給付金は非課税のため)で通常より手取りが多い状況なので、たかが5千円されど5千円・・という心境です。

 

いやいや、贅沢を言ってはいけませんね。

 

 

来年平成31年中の給与支払金額を予測してみました。

 

核家族の妻がフルタイム勤務しながら三児の育児と家事をこなすのは、いくら夫の協力があってもキツイです。

 

ということで、来年も育児短時間勤務を継続する予定です。

 

ただ、復帰後の繁忙期には「あれ?私って短時間勤務だよね?」と思ってしまうぐらいの残業を強いられたので(短時間勤務による減額分の給料を取り戻して余りあるくらいの残業手当がつきました)、来年は毅然と帰ろうと思います。

 

 

・・できるかな?(((;゚Д゚)))

 

 

もし残業ゼロだった場合、来年の給与の支払金額(非課税の通勤手当額を除く)は330〜320万円ぐらいになると思われます。

 

あ、昇給を考慮していませんでした。

 

モチ子の職場では余程のヘマをしない限り毎年5,000円程ずつ基本給が昇給しますので、330万円超えるかな。

 

 

フルタイムに戻れば残業無しで420万円ほどの年間給与支払額(非課税の通勤手当額を除く)になると思われますが、フルタイムで残業無しはあり得ないのでもう少し額が上がります。

 

モチ子が暮らす北国の田舎ですと、30代半ばで何の資格も持たない女性が400万円も貰える職場はあまりありません。

 

退職してしまえば、二度と同じような条件での再就職はできないでしょう。

 

でも、辞めて(あるいは短時間のパートの仕事などに転職して)自分の時間や家族との時間をもう少し増やしたいという気持ちが常にあります。

 

でも子供達はまだまだ小さくこれから益々お金がかかるため、そう安易に退職という決断を下すことはできません。

 

 

若いうちに投資に興味を持てた方は幸せ者だと思います。

 

今思えば独身時代に株式投資を始めていれば、今頃にはもう少し知識と資産を増やせていたのだろうなと悔やまれます。

 

独身だと自由に使えるお金が多いのはもちろんのこと、何より時間があります。

 

結婚して子供が生まれて更に仕事に復帰すると、投資の勉強をするにも途切れ途切れの時間しか確保できません。

 

 

元々浪費家ではありませんでしたが、借金嫌いゆえ、車はいつもキャッシュで購入、マイホーム新築時の土地代も全額キャッシュ、建物の頭金もそれなりに入れましたので、現在貯蓄があまりありません。

 

せっかく全期間固定の超低金利(0.9%)で住宅ローンを組めたのですから、そんなに無理して現金を削らなくても良かったな、と今は思います。

 

まぁ、これも勉強勉強。

 

30代半ばで投資に興味を持つというのは、早くはありませんが決して遅くもないでしょう。

 

急がず焦らず、遠くない将来に訪れるであろう暴落に備えて種銭を貯めておきたいです。

 

 

朝鮮半島情勢が再びきな臭くなってきましたね。

 

韓国もだいぶ赤くなってきました。

 

レーダー照射の件もそうですが、もはや後戻りできないぐらい向こう側に行ってしまいました。

 

最初から分かっていたことですが、結局北も南も同じです。

 

さて、シリアから米軍部隊の撤収が開始されたようですね。

 

アメリカからすると(南)北朝鮮情勢やシリア情勢、それに中国との貿易戦争など多方面に課題があるわけですが、あれもこれも全力であたることはできません。

 

シリアから完全撤退し、その余力をどこに使うのか注視していきたいと思います。

 

種銭の使い時、来て欲しいような来て欲しくないような。

 

 

【気まぐれ掲載】ワラビモチ家の住宅ローン借入金残高を大公開!

 

現在・・

 

【借入金残高】20,916,055円 なり。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク