土地の不動産取得税の納付を猶予してもらい、減額決定後に納付しました。

 

マイホームの建築に向けて土地を購入すると、都道府県税事務所から不動産取得税の納税通知書が送られてきます。


 

不動産取得税とは?


土地や家屋(建物)を取得したときに、一度だけ課税される税金です。

 

土地を取得したときの税額は、土地の固定資産評価額(実際の購入価格ではない)✖1/2✖3% です。(平成30年3月31まで。)

 

土地の固定資産評価額が10万円未満のときには、課税されません。 

 

新築住宅用の土地を購入(取得)したときには、軽減を受けられる。

 

新築住宅用の土地や、中古住宅用の土地を取得したときには、基本の税額から、下記 Νのうち高い方の金額が軽減されます。

 

45,000円

 

 土地の固定資産評価額✖1/2(平成30年3月31まで)➗土地の面積✖住宅の床面積✖2(200屬限度)✖3%

 

新築住宅用土地の取得に際し、この軽減を受けるためには、下記A・B・Cのいずれかを満たしている必要があります。

 

.土地と住宅を同時に取得。

 

.土地の取得後、3年以内に住宅を新築。

 

.住宅の新築後、1年以内に土地を取得。

 

 

ワラビモチ家の、土地購入にかかる不動産取得税はいくらだった?


基本の税額は、3,150,552(評価額)✖1/2✖3%=47,250円でした。

 

ただし「B.土地の取得後、3年以内に住宅を新築。」に該当するため、,△侶攜困受けられます。

 

我が家の場合、わずかに 祗△世辰燭里如

最終的な税額=47,250−45,180(減額分)=2,000円となりました。 

 

土地の不動産取得税の納付を、住宅完成まで猶予してもらいました。

 

不動産取得税は、都道府県税事務所から送付される納税通知書により納めることになりますが、条件を満たせば納税を猶予してもらえます。

 

もちろん、一旦全額(ワラビモチ家の場合47,250円)を納税して、住宅完成後に軽減税額の還付を受けることも可能ですが、猶予の手続き自体そんなに難しいものではないので、猶予してもらうことにしました。

 

猶予手続きの流れについてはお住いの地域を管轄する都道府県税事務所に問い合わせていただければと思いますが、

モチ子の住む地域の場合は、納税通知書が届いてから納期限までに申請するように説明がありました。

(1年以上前のことで、手元に写しも残していないので少しあやふやですが。)

 

猶予手続きをしたおかげで、軽減後の2,000円のみを支払えば良く、その後は検査済証のコピーを都道府県税事務所に提出するだけで全て終了でした。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク