住宅ローン、我が家はフラット35S(モーゲージバンク)です。

 

ワラビモチ家は、モーゲージバンクである優良住宅ローンにて、フラット35Sという住宅ローンを組みました。


 

フラット35Sとは?そして我が家がフラット35Sを選んだ理由とは。


フラット35Sとは・・の前に、フラット35の説明から。

 

フラット35とは、最長35年の長期固定金利の住宅ローンで、住宅金融支援機構が行っています。

 

住宅金融支援機構のフラット35以外でも、35年固定金利の住宅ローンを扱っている金融機関はありますが、数はそう多くはありません。

 

フラット35の最大のメリットは、なんと言っても先が見通せる安心感でしょう。 

 

変動金利の方がもちろん金利は安いですが、金利情勢に疎く、心配性で慎重派なワラビモチ夫婦に変動金利は向かないと判断し、全期間固定金利の住宅ローンを組むことにしました。

 

また、低金利の今だからこそ、変動金利より金利の高い全期間固定金利の住宅ローンに手が出しやすいとも思います。

 

そして、フラット35には「フラット35S」というものがあり、これは省エネルギー性・耐震性などに優れた住宅を取得する場合に、フラット35の借入金利を一定期間引き下げる制度となります。

 

我が家はフラット35Sの対象となったため、当初10年間は0.6%の金利引き下げを受けられることになりました。


 

モーゲージバンクとは?「優良住宅ローン」って会社、聞いたことないけれど大丈夫?

 

「モーゲージバンク」という言葉を初めて聞く方も多いのではないでしょうか。

 

フラット35の申し込みができる金融機関は、都市銀行・信託銀行・地方銀行・第二地方銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・信農連・モーゲージバンクなど様々です。

 

このうちモーゲージバンクとは、住宅ローンを専門に取り扱う金融機関のことで、自己資金で融資するのではないため、低金利かつ安い手数料で住宅ローンを提供できるのが特徴です。

 

モーゲージバンクは現在20社以上ありますが、その中から我が家が選んだのは優良住宅ローンでした。

 

とにかく、手数料がどこよりも安い。

 

ただ、モチ子のように「モーゲージバンク」というものに馴染みがない人間からすると、「聞いたことのない会社だけど大丈夫?」と少し不安になります。

 

けれど今やフラット35の申し込みの大半はモーゲージバンク経由となっていますし、「よく知らないから」という理由だけで何となく避けてしまうのは非常に勿体無いです。

 

住宅ローン以外にも、家を建てれば今までには無かった様々な出費が発生します。

 

節約できるところは、少しでも切り詰めていきましょう。

 

 

返済期間や月々の支払額など、ワラビモチ家の詳しい融資内容をご紹介。


ワラビモチ家の、当初の融資内容は下記のとおりです。

(この後、繰上げ返済や借り換えにより、返済終了予定日等は変動していきます。)
 

金消契約日 平成27年(2015年)8月7日
借入金額 2,400万円
借入金利 当初10年間は0.98%、11年目からは1.58%
月々の返済額 当初10年間は67,525円、11年目からは72,506円
約定日(返済日) 毎月14日
口座振替日 毎月5日(土日祝の場合は翌営業日)
返済終了予定日 平成62年(2050年)7月14日

 

ちなみに融資手数料は、借入額の0.8%で192,000円でした。

 

この融資手数料は、他と比べてもかなり安いです。

しかも住宅性能評価物件であれば、融資手数料は借入額の0.5%となります。

 

住宅ローンの借入額は何千万円という単位ですので、たかが0.数%の違いでも大きな金額の差となりますから、しっかりリサーチして金利・手数料が安い金融機関を選びましょう。


ちなみにワラビモチ家は、ボーナス払い無しの返済方法を選びました。 

 

1番の理由は、単純に分かりやすいからです。

 

日々の生活における支出は当然住宅ローンだけでは無いので、毎月◯円!とシンプルに決まっている支出の方が管理・把握しやすいです。

 

またこのご時世、今後もボーナスが安定して支給される保証はありませんから、ボーナス併用払いの選択肢はありませんでした。 

 

金消契約日から3ヶ月弱で、初めて繰上げ返済の申し込みをしました。

 

2015年10月27日に、初めて繰上げ返済の申し込みをしました。

 

同年8月7日に金消契約をしたばかりですから、そこから3ヶ月も経たないうちに初の繰上げ返済への行動を起こしたことになります。

 

2016年1月5日の口座振替日に、毎月の返済額67,525円に加え、繰上返済分の483,382円が引き落とされました。(計550,907円)

 

これにより、

【月々の返済額】当初10年間は67,525円、11年目からは72,344円

【返済終了予定日】平成61年(2049年)9月14日

となりました。

 

11年目からの月々の返済額が167円安くなり、返済期間は1年2ヶ月短縮されたことになります。

 

繰上げ返済をする際、「返済期間を短縮する」か「毎月の返済額を減額する」かどちらかを選択する必要があります。

 

「返済期間を短縮する」ほうが支払利息の軽減効果が高いので、ワラビモチ家はこちらを選びましたが、

「毎月の返済額を減額」した場合には、今後の月々の支払いで繰上げ返済の効果を実感できるので、もっと繰上返済を頑張ろう!というモチベーションが保ちやすいです。

 

ちなみに、我が家の場合この繰上げ返済でどれくらいの利息軽減効果があったかをご紹介したかったのですが、特に何も控えていなかったので分かりませんでした。(大事なところ!)

 

ただ、住宅ローン控除への影響を確認しつつ、しっかりシミュレーションした結果の繰上げ返済でしたので、やって良かったと満足しています。

 

よく「住宅ローン控除が適用される10年間は繰上げ返済せずに、その後に一気に繰上げ返済する。」という話を聞きますが、

「なんとなく住宅ローン控除の恩恵を受けられる間は、無理に繰上げ返済しない方が得なような気がする。」という漠然とした理由で繰上げを渋っているのであれば、一度シミュレーションしてみることを強くお勧めします。

 

早めに繰上げ返済すると、より利息を減らす効果は大きいです。

そのため、住宅ローン控除よりも節約効果が高い場合もあります。(ワラビモチ家のように。)

 

とはいえ、あまり必死に繰上げ返済して、教育費が足りなくなったり日々の生活に影響が出ては元も子もないので、余剰資金があったら回すくらいの気持ちでいましょう。

 

我が家は近々外構工事を予定していたので、その分の手持ちは残しつつ、無理の無い範囲で約50万円を繰上げ返済に充てました。

 

今は低金利なので、住宅ローンの繰上げ返済に回せるお金があれば投資に使った方が・・という話も聞きますが、ワラビモチ夫婦は投資関係にも疎いのでその辺は完全ノータッチです。

 

興味はあるのですが、今は仕事に育児に忙しいため、いずれ落ち着いたら勉強したいなと思っています。

 

 

【追記】なんと住宅ローンの新規借り入れからわずか1年で借り換えしました。(しかも史上最低金利!)

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク