新築マイホームの家屋調査。これにより固定資産税額が決まります!

 

2015年8月、市役所の職員による、ワラビモチ家の家屋調査が行われました。

 

 

新築物件の家屋調査とは何?誰が来るの?

 

新築または増築された家屋について、固定資産税の算定の基となる固定資産評価額を決めるために、家の内部・外部を調査することを「家屋調査」と言います。

 

家屋調査では、全ての部屋の間取りや内装・設備等を確認されます。

 

その調査は誰が行うかというと、市区町村役場の職員です。

 

そのため、調査の時間帯は平日の日中を指定されることが多いようです。

 

家屋調査を受ける機会は一生のうちに何度もあることではありませんから、「土日祝に来なさいよ!」などと言わず、平日に都合をつけて早めに終わらせてしまいましょう。

 

あんまりイチャモンをつけ過ぎて、厳しめの評価をされても損ですし。(調査員も人間ですから、全く影響がないとは言い切れません。)

 

 

家屋調査、ワラビモチ家の場合。

 

家屋調査の日程を決めるための手紙が市役所から届きました。
(ちなみに、もし少しでも早く調査をしてほしい場合には、役場からの連絡を待たずに、こちらから調査の依頼をしても良いそうです。)

 

「家屋調査をするため、〇月〇日〇時にご自宅に伺ってもよろしいですか?」という様な内容でした。

 

都合が悪かったので、担当課に電話をし別日に変更していただきました。

 

当日は、正職員1名・ベテラン風の臨時職員1名・初心者風の臨時職員1名の、計3名の調査員の方がいらっしゃいました。

 

おそらく、通常だと2人体制のところ、今回は初心者の臨時職員に経験を積ませるために3名で来た様子でした。

 

事前にお渡ししている図面を見ながら、時にメジャーで測りつつ各所をチェックしていました。

 

構造のこと・換気システムのこと・給湯システムのこと・窓ガラスの仕様(ペアかトリプルか)等々、調査員から質問されるたびに「私の回答次第で固定資産税の金額が増減する!」とドキドキしました。

 

まぁ、嘘をつくわけにもいきませんし(建築確認申請書類等の内容と食い違ってもいけませんし)、ありのままに回答しました。

 

ひと通り家の内外を見て回った後は、おおよその固定資産税の金額が記載された用紙と、家屋調査済証(シール)を受け取りました。

 

では、いつ正確な固定資産税の課税額が分かるのかと言うと、2015年8月に家屋調査をしたワラビモチ家の場合には、翌年2016年4月に届く納税通知書及び課税明細書で確認しました。
(通知が届く時期については、お住いの自治体にご確認ください。5月に届く市区町村もあるようです。)

 

残念ながら、家屋調査時に聞いていた概算の課税額より高くなっていました。

 

 

家屋の評価額、その算定方法とは?

 

我が家のような「木造家屋」の場合、「木造家屋再建築費評点基準表」の「別表第8」が評価の根拠となります。

 

別表第8の中身については、ネットで検索すればいくらでも出てくるので詳細は割愛しますが、屋根・外壁・床など家屋の各部分ごとの評点項目と標準評点数が詳しくまとめられています。

 

これを見ておくと、「うちの〇〇は評点数が高い部類に入るから、家屋調査の際にあえてこちらからその話題に触れるようなヘマはしないようにしよう。」と気をつけることができます。(無駄な抵抗)

 

 

賃貸アパート住まいの頃には無縁だった「固定資産税」ですが、マイホームを構えた以上は今後一生お付き合いをしていく必要があります。

 

ではワラビモチ家の固定資産税は一体いくらなのか?
これについては、また後ほど記事にしたいと思います。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク