マイホーム購入を検討し始めたきっかけ。

 

2015年の夏に、念願のマイホームを建てました。

 

我が「ワラビモチ家」が、家づくりを考え始めたのは、たしか2013年の秋か冬頃だったかと思います。

 

当時は2LDKの賃貸アパートに家族3人で暮らしていましたが、第二子妊娠が分かり、「そろそろ手狭になってきたなぁ」と感じるようになりました。

 

アパートの間取りは収納スペースが少なく、更にあっても使いづらい形状だったため、子供が増えて今後家財道具が増えていくことを考えると、徐々に「マイホーム」という言葉が頭をチラつくように。

 

 

また、住んでいたアパートはプロパンガス代が、基本料金・従量単価ともにべらぼうに高かったので(冬だと余裕の2万円超え)、「もしや一軒家の方がトータルの光熱費が安くなるのでは?」という思いもありました。
 

ただ、賃貸住宅に住んでいることで職場から支給されている住宅手当(家賃の約半額)はマイホームを建てたら支給されなくなりますし、これまで支払い不要だった固定資産税は発生してきますし、メンテナンス費用もかかってきますので、どう考えてもトータルの支出は増えます。

 

 

それでも、建てたい気持ちに一度火がついたら止まりません!

近年、住宅ローン金利が史上最低水準で推移していることもあり、今が建てどき!と決意を固めたのでした。

 

そこで、第二子の出産にあたり産休・育休を取得できるこのタイミングで、じっくり家づくりに取り組むことにしました。

(職場復帰した後では、仕事・家事・育児でいっぱいいっぱいになり、家づくりどころではなくなるのが目に見えていたので。)

 

 

ワラビモチ家の場合、土地を持っていなかったため、土地探しと住宅メーカー選びは同時進行でした。

 

「モチ子の育休期間が終わる前に新居に移り、新生活がある程度落ち着いてから職場復帰できる流れがベスト!」という目標に向けて動き始めたのでした。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク