土地・建物の固定資産税はいくら?その計算方法は?

 

2014年に土地を購入し、2015年にマイホームを取得したワラビモチ家。

 

そのため、土地の固定資産税は平成27年度(2015年度)と平成28年度(2016年度)の2回、家屋の固定資産税は平成28年度(2016年度)の1回支払っています。

 

 

土地の固定資産税を大公開!


2014年12月に土地の売買契約を結んだワラビモチ家。

 


【平成27年度 固定資産税 納税通知書】


初めての固定資産税納税通知書が市役所から届いたのは、2015年4月8日のことでした。


この時点ではまだ自宅が完成していませんでしたので、地目は「宅地(非住宅用地)」となり、住宅用地であれば受けられたはずの課税標準の特例は受けられませんでした。
(土地を先に購入した場合は仕方ありません。)


前年度課税標準額(2,237,603円)が当該年度の評価額(3,098,252円)の70%超でしたので、課税標準額は2,168,776円と、評価額の70%に負担調整されました。


課税標準額を端数処理し税率をかけると、確定税額は31,400円となりました。
(税率は市区町村によって、1.4%だったり1.45%だったり、1.5%だったりします。)


固定資産税は4期に分けて納付することも可能ですが、ワラビモチ家は4月のうちに全期分を一括で支払いました。(どうせ出て行くお金ですし、早くスッキリしたかったので。)

 


【平成28年度 固定資産税 納税通知書】


2回目の固定資産税納税通知書が市役所から届いたのは、2016年4月9日のことでした。


昨年度とは違い、地目が「宅地(住宅用地)」となりましたので、今回は課税標準の特例(住宅用地の軽減措置)を受けることができました。


当該年度の評価額(3,071,056円)のうち、200屬泙任6分の1・それを超えた分は3分の1で計算されます。


その結果、課税標準額は534,351円となりました。


課税標準額に税率をかけると、差引税相当額は7,748円となりました。(2年目からは家屋の課税標準額と合算後の金額が端数処理されるので、土地のみの確定税額は出せません。)


若干評価額が下がったこともありますが、何より「小規模住宅用地・一般住宅用地に関する固定資産税の軽減措置」のおかげで、前年度より大体23,700円ほど安くなりました。

 

 

建物の固定資産税を大公開!


2015年の夏にマイホームが完成したワラビモチ家。

 


【平成28年度 固定資産税 納税通知書】


初めての固定資産税納税通知書が市役所から届いたのは、2016年4月9日のことでした。


新築住宅に関しても、ありがたいことに固定資産税の減額措置があります。


一般住宅の場合、新築後3年度分の固定資産税の2分の1が減額されます。
(長期優良住宅の場合は新築後5年度分。)


評価額=課税標準額(6,458,516円)に税率をかけて2で割ると、差引税相当額は46,824円となりました。(土地の課税標準額と合算後の金額が端数処理されるので、家屋のみの確定税額は出せません。)


昨年の家屋調査の際に、家屋の固定資産税の概算税額を出していただいたのですが、その内容は「本来の税額が87,000円位で、最初の3年間は44,000円位。」というものでしたので、残念ながらそれよりは若干高くなってしまいました。

 


家屋の評価額は3年ごとに見直し(評価替え)が行われますので、それに伴い評価額は徐々に下がっていきますが、4年目からは大体今の倍の額の請求が来ますので、心の準備とお金の準備が必要です。


ちなみに「平成28年度 固定資産税 納税通知書」の土地・家屋を合わせた確定税額は54,500円でした。


こちらも昨年度同様、全期分を4月中に一括で納めました。(スッキリ!)

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク