電気料金プランは適正ですか?我が家にスマートメーターがやってきた!

 

ワラビモチ家の電気料金プランは、東北電力の「時間帯別電灯A(やりくりナイト8)」です。

(このプランは2016年3月31日をもって新規加入受付を終了しています。)


23時から翌朝7時までの8時間が夜間時間となり、その時間帯の電気料金単価は低く設定されています。

 

 

電気料金プランの見直し。今のプランと新料金プラン、どっちが安い?


2016年4月から新料金プランが導入されたので、よりお得なプランを求め、今更ながら比較検討してみることにしました。


まずは「よりそうeねっと」の料金シミュレーションを試すことに。


すると「夜間蓄熱式機器」を利用しているかどうかをチェックする項目がありました。


「夜間蓄熱式機器とは?」というところを読むと・・


主として夜間時間に通電して蓄熱し、昼間時間にその熱を利用して使用する機器
例:電気温水器、蓄熱式暖房機等


と、記載されていました。

 


我が家の「エコキュート」は電気温水器ではないし、蓄熱式暖房機でもないから、「夜間蓄熱式機器」ではない?


けれど、ネットで検索すると「エコキュート」を「夜間蓄熱式機器」と表現するサイトもわんさか出てきます。

 


よく分からないので、とりあえず「夜間蓄熱式機器 なし」のチェックを外して、次へ進むと・・


本シミュレーションのご利用対象外となります。
夜間蓄熱式機器をご利用中のお客さまは、試算結果が大きく異なることから、本シミュレーションの対象としておりません。 夜間蓄熱式機器をご利用中で試算をご希望のお客さまは、恐れ入りますが当社コールセンターへ電話にてお問い合わせください。


と、表示されました。

 


そこで今度は「夜間蓄熱式機器 なし」にチェックを入れて次へ進んでみると・・


【電気料金が安くなるプラン】
 〇 よりそう+シーズン&タイム
 〇 よりそう+サマーセーブ


【電気料金が変わらない】
 〇 よりそう+ナイト8


という結果でした。

 

 

結局、我が家はどのプランがお得なの?よく分からないのでコールセンターにヘルプ!


ただ、「エコキュート」が「夜間蓄熱式機器」なのかどうか分からないことには、この後の動きようがなかったので、東北電力のコールセンターに電話をしてみることに。


すると、管轄の営業所から折り返し連絡をくれるとのこと。


待つこと数分。
管轄の営業所から電話がありました。


営業所のお姉さんのお話では、「エコキュート」は「夜間蓄熱式機器」ではないそうです。
 

そして、その方のシミュレーションの結果は、今のプランがベストということでした。


今のプランだと割引が効いているけれど、新料金プランだとその割引が適用されないのだとか。

 


でも疑り深いモチ子。(¬_¬)


「本当に、エコキュートは夜間蓄熱式機器じゃないの?


「夜間蓄熱式機器じゃないとして、よりそうeねっとのシミュレーションだと他のプランの方が電気料金が安くなる試算なのに、どうしてお姉さんの試算だと今のプランの方が安くなるの?

 
「5時間通電機器割引・通電制御型夜間蓄熱式機器割引については2014年4月1日から新規適用が停止されているから、2015年に新築した我が家は適用対象外な気がするけれど、一体何の割引が効いているの?最近の料金明細を見ても、燃料費調整額がマイナスになってるくらいで(燃料費調整額はプラスの月もありますし)、特別何か割り引かれているようには思えないけど?」


等々、いろいろな疑問がわいてきました。


が、まずはお姉さんのお話を最後まで聞くことにしました。

 

 

スマートメーターとは何?交換費用は?


【お姉さん】
今の電気メーターでは、昼間時間と夜間時間の2パターンの電気使用量しか確認できませんが、スマートメーターに交換すれば、よりそうeねっとで30分ごとの使用量が確認できます。

(↑ 東北電力のホームページを見ると、スマートメーターでら30分ごとの電気使用量が計測できるものの、よりそうeねっとで確認できるのは1時間ごとの使用量のようです。)
メーターの交換は無料ですし、より詳細なシミュレーションが可能になりますので、スマートメーターに交換されますか?


【モチ子】
ぜひお願いします!


ということで、この電話のやりとりの2日後に電気メーターの交換作業をして頂くことになりました。

 


そもそも「スマートメーター」とは何かというと、30分ごとの電気使用量の計量や電気の入切等ができる機能を有した新型メーターのことを言います。
設置については、法令による検定有効期間の満了を迎えるもの、および新築等の申込みにあわせて順次実施することになっています。


スマートメーターが設置されると、よりそうeねっとにて「ぴったりプラン」の試算が可能になります。


ちなみに、ぴったりプランとは・・
スマートメーターでは30分ごとの電気使用量の実績が記録されているので、その実績を用いてシミュレーションを行なうことで、最適な料金プランの試算を行えます。

 

 

スマートメーターの取り付けが完了しました!


そんなこんなで、ワラビモチ家では2016年10月5日に「スマートメーター」が設置されました。

 

まず東北電力の方がブレーカーを落とし、電気メーターの交換をし、再びブレーカーをあげて終了。

 

時間にして30分ほどの作業だったようです。

 

「ようです」と言うのも、モチ子は産後間もないため、実家の母に交換作業の立ち会いをお願いしたので、実は詳細が分かりません。(モチ子は何でも自分でやりたいほうなので、立ち会えず残念!)

 

 

スマートメーターの交換作業について検索してみると、

 

「不在の間にメーターが交換されていた。」

 

「メーターの交換時、停電させる必要はないと説明された。」

 

という話をチラホラ見かけましたが、我が家の場合はブレーカーを落としての作業でした。

 

 

そのため、通電後からWi-Fiの調子が悪いようです。(仕事帰りのワラビ君談)

 

メーター交換の際には、事前にパソコン・モデム・ルーターのコンセントを抜いておいた方が良さそうです!

(モチ子のように抜き忘れた場合は、順番に電源を入れ直せば復旧できるようです。)

 

もしやエコキュートもおかしくなっているかも?と不安に思いましたが、こちらは大丈夫だったようです。

 

 

日本では2024年度までのスマートメーターの全戸設置を目指していますので、みなさんのお宅でも遅かれ早かれ導入されることになります。

 

今のうちに少しでも勉強しておけば、モチ子のような失敗をせずに済みますよ!

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク