やはり諦めきれない!消えた省エネ住宅ポイントはどこへ?(前編)

 

以前こちらの記事で省エネ住宅ポイント制度に触れましたが、今回はその続編になります。

 

 

まずはおさらい。省エネ住宅ポイント制度って何ですか?


省エネ住宅ポイント制度とは、省エネ住宅の新築やエコリフォームの普及を図るとともに、消費者の需要を喚起し、住宅投資の拡大を図る事を目的とし、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やエコリフォームに対して、様々な商品等と交換できるポイントを発行する制度です。


長くダラダラ書きましたが、要は「省エネ住宅を普及させたいし、景気良くしたいから、それなりに性能が良い家を新築したりリフォームしてくれたら、最大で30万円分のポイントあげちゃうよ!」という制度です。

 

 

省エネ住宅ポイント制度に関する、ワラビモチ家と工務店のやりとり。


ざっと、時系列で書き出してみます。


【2014年11月23日】
工務店と工事請負契約を結ぶ。


【2014年12月某日】
住宅エコポイント復活をニュースで知る。
詳細は閣議決定後となるが、とりあえず担当の営業さんに知らせる。


【2015年1月11日】
省エネ住宅ポイント制度の概要が発表され、ワラビモチ家も対象となりそうだったので、その旨営業さんに知らせる。


【2015年6月29日】
引渡し。


【2015年8月某日】
ワラビモチ家に「省エネ住宅ポイント ポイント発行・交換のお知らせ(ポイント通知)」というハガキが届く。
今月8月31日に、事務局から工務店に30万円が振り込まれるという内容だった。


【2015年9月6日】
精算。(省エネ住宅ポイント30万ポイントは反映されていない。)


【2015年10月16日】
営業さんに「省エネ住宅ポイントの(我が家への)入金はいつ頃になりそうでしょうか?」とメールしてみる。
営業さんからは「エコポイントの件はまだ動きはないようです。前回もそうでしたが、かなり期間がかかるようでした。(忘れたころ、のような感じでした。)もうしばらくお待ちください。」と返信が来る。


【2015年10月17日】
ポイント通知はがきの画像を添付し、「8月31日に工務店の口座に振込予定と書いてあったから(我が家への)振り込みもそろそろかと思っていた」という内容のメールを営業さんに送る。


・・が、営業さんからは返信なし。


その後この件は、現在に至るまでずーっと放置していました。

 

 

今更ながら、真相を明らかにするため工務店に問い合わせました!


せっかく30万円分もポイントが貰える制度なのに、なぜ曖昧なまま1年3ヶ月も放置していたかというと・・ただ単に忙しかったからです。それだけです。


引っ越し後に育休から職場復帰し、新居での新生活やら仕事やら育児やら家事やらで慌ただしい日々を送る中、「30万円分のポイントがどこに消えたのかよく分からないけど、もう面倒だからどうでもいいやー。くれてやらー。」という心境になっていたのです。


でも、再度の育休で時間に余裕ができた今、改めてこの件について振り返るうちに、やはり30万円分のポイントが惜しくなってきました。笑


何より曖昧なままだと、思い出すたびにモヤっとして精神衛生上よろしくないのです。

 


では、こちら↓が今回の問い合わせ内容です。


【2017年2月6日】
工務店ホームページの問合せフォームより、「今さらで申し訳ないが、省エネ住宅ポイント(30万ポイント分)振り込みの件がどうなったのか確認したくメールした。2015年6月に引渡しを受け、同年10月中旬にこの件について問い合わせた際には、まだかかるとの回答だった。(同年8月頃には、我が家に省エネ住宅ポイント発行・交換のお知らせというハガキが届いていたので、少々不思議ではあったが。)即時交換の30万ポイント分は精算時には反映されておらず、後日現金で振り込まれるという話だったように記憶しているが、どうなっているか?」という感じのメッセージを送る。


【2017年2月9日】
担当の営業さんより、確認して返事する旨のメールが来る。

 


そして、現在2月14日時点でまだ返事はありません。


ちなみに今回、担当の営業さんのメールアドレスを知っているにも関わらず、あえて工務店のホームページから問い合わせました。


直接営業さんとだけやり取りすると、またさり気なくフェードアウトされそうなので、別の社員さんの目にも触れさせておこうという作戦です。

 

 

30万円分の省エネ住宅ポイントは一体どこへ?モチ子なりに考えてみる。


工務店に支払われたのは、頭金420万円+住宅ローン23,225,208円=27,425,208円です。


ワラビモチ家が工務店に支払うべきは、契約金額2,720万円+追加工事代▲728,652+立替金356,223円=26,827,571円です。


2015年9月7日、上記差額の27,425,208円−26,827,571円=597,637円がワラビ君の口座に振り込まれたわけですが、追加工事代の内訳を見ても立替金の内訳を見ても、どこにも即時交換されたはずの30万ポイントが反映されていません。


2015年8月31日に工務店へ30万円が振り込まれているはずなのですが、一体どこへ行ってしまったのか。


まさか営業さんが着服したとか!?


いや、事務局からのポイント通知はがきの「即時交換に関する情報」の「担当者氏名」欄には、別の社員さんの氏名が記載されていたので、営業さんが着服したとは考えづらいです。


では、営業さんと省エネ住宅ポイント担当者の2人で着服したとか!?


いやいや、たかが15万円のためにそんなことはしないでしょう。


となると、もしや省エネ住宅ポイント申請手数料が30万円で、発行ポイントが30万ポイントで、差し引き0円とか!?


・・んなわけ無いですよね。


おそらく単純に省エネ住宅ポイントのことをすっかり忘れていて、1年3ヶ月前のモチ子からの問い合わせで気づいたものの、やはり忙しいし面倒だしで意図的にスルーしたのだと思います。


営業さんが担当しているのは当然ワラビモチ家だけではないでしょうし、大変なお仕事だろうとも思いますが、お金のことはキッチリしてほしいですね。


家という大きな買い物をする際の少々麻痺した感覚からすると、30万円という金額は誤差の範囲に感じられるかもしれませんが、冷静に考えるとひと月の給料ほどです。


今回の問い合わせは、スルーさせませんよ。


納得のいく回答をいただくまでは!


・・しかし余分に計上されている(と思われる)30万円は、どういう名目で処理されたのでしょうね、疑問です。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク