住宅ローンの固定金利と変動金利、小心者と貧乏人は固定一択でしょう。

 

小心者と貧乏人に限らず、ある程度お金に余裕のある人以外は皆、固定金利で住宅ローンを組むべきと思います。

 

 

低金利の今だからこそ、金利動向にビクビクせずに済む固定金利で住宅ローンを組みたい!


憧れのマイホームを景気良くキャッシュで・・といきたいところですが、多くの方は住宅ローンのお世話になることでしょう。(もちろん我が家も。)


そこで悩むのが「固定金利」と「変動金利」のどっちを選択するかです。


優柔不断さんが選びがちな「ミックス」というのもありますね。


変動の方が固定よりも金利が低いですから、もし現在の金利水準がずーっと続くことが確約されているならば、当然変動金利を選びたいところです。


しかし、今後の金利動向を正確に読める人なんて世界に誰一人いません。


「金利は今が底だから、これからは上がるしかない。」なんて根拠のないことを言うつもりはありませんが、
「このご時世、急激に金利が上がる要素なんてない。」などと油断するのは大変危険と声を大にして言いたい。


油断しても良いのは、いざとなればガンガン繰上げ返済できるお金持ちだけです。


借りる時点では当然変動より固定の金利は高いわけですが、こんなに低金利で35年や20年の長期にわたり金利を固定できるなんて、超ラッキーなんですよ。


変動と固定どちらが得でどちらが損なのかは、残念ながら完済後にしか分かりませんが、お金に余裕のない人こそ、金利が高くともリスクを負わずに済む固定金利を選ぶべきです。

 

 

月々の返済額は家計に無理のない金額で、ボーナス払いは無しにしよう。


返済能力以上のローンを組んではいけないよ、という至極当たり前の話なのですが、一世一代のマイホーム購入に際しては「妥協したくない」という思いも当然出てくるでしょう。


しかし、ここは一旦冷静になるべし!


一戸建て住宅購入の年齢層は30代が1番多いそうですが、この年代はこれから子供の成長とともに食費やら教育費等の支出が増える一方です。


月々ギリギリ支払える返済額でローンを組んでしまうと、数年後には家計が火の車になってしまう可能性大です。


さらにもし変動金利で住宅ローンを組んでいて、予想外の金利上昇が起こってしまえば、もう完全にお手上げです。


ボーナス払いなんて論外です。


貧乏人、あるいは平民のあなた!(ワラビモチ家含む。悲)


固定と変動の比較なんてしなくて良いから、だまって固定金利で契約なさい。


固定と言っても、2年・3年・5年・10年などの短期固定金利は、これまた中途半端でメリット無しと考えます。


これならいっそ、変動の方が良いくらい。


ちなみに、ワラビモチ家の住宅ローンの返済期間は残り31年半ぐらいですが、全期間固定で0.9%です。(フラット35)


この安心感たるや・・


もちろん人生なんてそう計画通りにいくものではありませんが、ライフプランシミュレーションをするうえで、居住費が確定しているというのはとても重要な要素です。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク