敷地内別居?敷地内同居?どっちが正しいのかしら。

 

先週末、都会に嫁いだ高校時代の友人、玉ちゃんが我が家に遊びにきました。

 

すっかり都会の色に染まって・・いない様子に安心したモチ子です。

 

東京は光熱費が安い(とくに冬場)と話す玉ちゃん。

 

羨ましいー。

 

けれど、全く羨ましくないことも一つ。

 

 

今年家を建てた玉ちゃん。夫の両親と敷地内別居(同居)生活がスタート。

 

大都会東京にてアパート暮らしをしていた玉ちゃん一家。

 

二人目の子供が生まれ、上の子はいよいよ小学校入学が近づいてきた。

 

そろそろマンションなり戸建てなり、終の住処を購入したいなーと思い始めた頃に、旦那さんのご両親からとある提案があったそうです。

 

 

うちの土地に家を建てたら?土地代もったいないんだから。

 

 

旦那さんのご実家は東京の結構左・・いや西の方で多少不便な立地ではあるものの、70坪ぐらいあるのだそう。

(田舎だと、この広さに2軒建てる発想はないですけどね。)

 

ただ、整形地ではなく境界がいびつな形をしている土地なので、せっかくの70坪という広さを有効利用できない形状なのだとか。

 

敷地内別居(同居)することのデメリットについて色々悩みつつも、最終的には金銭面でのメリットを考えて義実家の敷地内にマイホームを建てることを決めた玉ちゃん夫妻。

 

新築工事をするにあたり、敷地内の古い物置を撤去したり、それに伴い使わないものを断捨離したり、ろくに手入れもしていない草木を伐採したりと、土地の状態を整えるまでにも結構時間と手間がかかったそうです。

 

土地は義父名義のままで、毎年固定資産税の納税通知がきたら、按分して現金で手渡しする予定とのこと。

 

あと玉ちゃんの旦那さんは敷地内別居(同居)をするにあたり、何かの時のためにと義両親に自宅の鍵を預けたそうなのですが、大した用がなくても頻繁に鍵を開けて家に入ってくるようになってしまい、玉ちゃんがかなり迷惑がっていました。

 

ちなみにお姑さん、「鍵かかってたけどー?」と言って入ってくるそうです。

 

モチ子の住んでいる地域は田舎ですが、きっちり鍵かけますよ。(小さい子供もおりますし。)

これは地域差というよりは、個人差ですかね。

 

 

敷地内別居?敷地内同居?どちらも聞くけれど、どっちが正しい?

 

玉ちゃんは会話の際ずっと「敷地内同居」と言っていました。

 

でも何だかモチ子は、その言い方に違和感があるんですよね。

 

「敷地内」で「同居」って、それ完全同居のことじゃないの?と思ってしまいます。

 

モチ子の感覚だと、同居とは「同一家屋に一緒に住むこと」なので。

 

なので、敷地内に家が二棟あるならば、それは「敷地内別居」と言った方がしっくりきます。

 

まぁ、そんなこと言うと「じゃあ家庭内別居という言葉はどうなのさ?」とかいう話になっちゃいますかね。

 

「敷地内同居」という響きからは、義両親世帯と建物は別であっても「すぐ近くだから結構干渉されるし、完全同居と同じくらいしんどいのよー!」という心の叫びが聞こえてくるような気がします。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代前半のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク