光熱費を抑えたいなら、新築時は窓にお金をかけるべし!

 

マイホームを建てる時には、予算の都合上どうしても削らなければいけない項目が出てきてしまいます。

 

 

こだわらない人は全くこだわらない「窓」の重要さ。

 

家づくりを進める上で、理想を妥協なく盛り込んでいたらお金がいくらあっても足りません。

 

利便性の高い広い土地に、大きくて中庭があるオシャレで機能的な注文住宅を建てて、外構工事だって金に糸目をつけずにやっちゃうぜ、なんていうアッパー層の方は別ですが。(羨ましい)

 

そして、妥協できること・できないことの仕分け作業をする際に「窓」について真剣に考える方って、そう多くはないように感じます。

 

一口に「窓」と言っても位置や大きさの話ではなく、窓のスペックについてです。

 

住宅メーカーや工務店から「うちの窓はこれが標準仕様なので」と言われたり、なんなら窓の仕様について業者側から話が出ることが無いままマイホームの完成を迎える方もいるようなのですが、施主たるものもっと窓に関心を持って欲しいと思います。

 

多くの主婦(夫)の皆さんが気にされているであろう光熱費に、とても大きな影響を与えているのが窓の存在です。

 

 

では、ワラビモチ家の窓はどんな窓なの?

 

冬の寒さ厳しい北国に住んでいるモチ子ですが、夏は涼しいかと言えば全くそんなことありません。(残念ながら)

 

うだるような暑さの夏が毎年やってきます。

 

もし、アルミサッシに1枚ガラス(フロート板ガラス)なんていう組み合わせの窓にしてしまったら、暖房代と冷房代が恐ろしいことになるでしょう。(結露もね)

 

せっかく冬に暖房器具で部屋を暖めても、50%を超える熱エネルギーが窓から逃げてしまうそうです。

 

反対に夏は、屋外の熱が窓を通じて室内にガンガン入ってきます。

 

そんな冬の寒さ・夏の暑さから我が家を守ってくれる強い味方が「ドイツからやってきたトリプルガラスのドレーキップ窓」です。

 

サッシは木製サッシで、ガラスの中空層にはクリプトンガスが入っています。

 

我が家を建築中の頃は、アルゴンガスが入っているタイプの方が主流でした。(クリプトンガスの方が断熱効果は高いけれど、お値段も高い。)

 

サッシだけ高性能でもガラスがショボければ意味がありませんし、5層ガラスにしてもサッシがアルミでは意味がありません。

 

ちなみに、この窓は内開き・内倒しの2通りの開き方ができます。

 

我が家ではよく、内倒しに開けて換気しています。

 

内倒しの状態は、突然の雨でも室内に雨が入りづらく、防犯性も優れています。

 

機密性や遮音性にも優れ、木製サッシは見た目も良いです。(樹脂サッシより好み。)

 

しかし、ただでさえお高い木製サッシのトリプルガラスドレーキップ窓なのに、海外から輸入しているため更にお高くなってしまいました。

 

国産で良いものがあれば一番なのですが。

 

ものづくりの国である日本において、なぜ窓については世界に遅れをとっているのか不思議でなりません。

 

最近では国産メーカーも頑張っているようですが、欧州を見ると更に先に進んでいるという印象です。

 

 

冬は窓から太陽の恵みを受けて、夏は窓の外で日差しをブロックしよう。

 

夏の暑い日、遮熱カーテンで窓から熱の侵入を阻もうとしても無駄です。

 

熱の侵入を防ぎたいのなら、窓の外でブロックしないといけません。

 

そこでワラビモチ家では、外付けロールスクリーンを数ヶ所の窓に設置しています。

 

効果は抜群です。

 

最近は電動モータータイプの外付けブラインドにも興味津々です。(設置する予定も予算もありませんが。)

 

とはいえ、窓だけ高スペックにしても冬暖かく夏涼しい家にはなりません。

 

窓のほか、壁の断熱性能や計画換気システムなど、様々な面をトータルで高めていかなければ、年中過ごしやすく光熱費が安い家というのは建ちません。

 

家は見た目も大事ですが、やはり生活していく上でランニングコストというものは軽視できません。

 

機能性という目には見えないところにお金をかけてあげることは、長い目で見れば家計を助けることになるでしょう。

 

ワラビモチ家は、以前狭いアパートに今より少ない人数で暮らしていた頃より、吹き抜けのある一戸建てで暮らしている現在の方が圧倒的に光熱費が安いです。

 

しかも、年中通して快適な室温です。

 

初期投資はそれなりに必要ですが、それでも10年ほどでトントンになる試算です。

 

まぁ寒冷地でこれですから、南の地域の方は初期投資分を取り戻すのにもっと時間がかかるかな。

 

もしかするとオーバースペックになる地域もあるかもしれませんが、夏の冷房代がぐっと抑えられますよ。

 

電気料金を気にせずにエアコンが使える開放感たるや。

 

知っていて採用しないのと、知らずに採用しないのでは大違いです。

 

窓性能の大切さを知ったうえで、皆さんのマイホームにおける「窓」の優先順位がどの辺なのかを、しっかり見極めていただきたいと思います。

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク