カーポートにスズメが巣を作ってる!モチ子vs雀の2日にわたる熱い戦い。

 

前にもカーポートに鳥(何の鳥かは分からない)がやってきてフンをされたことがありましたが、この度再び鳥騒動が勃発しました。

 

7月に入って暑い日も多くなり、窓を開けている機会が増えたせいなのか、鳥の鳴き声がよく聞こえるなーと思っていました。

 

しかし、

 

ある日の鳴き声は、よく聞こえるとかいうレベルではなく、「近っ!」という騒音レベル。

 

外に出てみると、なにやら枯れ草(藁?)みたいなものが地面に落ちています。

 

 

やはり、鳥という生き物はカーポートが好きなのか。

 

嫌な予感がしつつ、恐る恐るカーポート(以前発泡スチロールを詰めた箇所)に目をやると・・

 

「チュチューン!!」と一羽のスズメが出てきて、お空へ飛んでいきました。

 

正体見たりー!!

 

昨年の鳥騒動の時には、カーポートに出入りする鳥を実際に目撃することは無かったので結局なんの鳥だか分からずじまいでしたが、今回は確実にスズメを見ました。

 

隙間を完全に発泡スチロールで塞ぎ切れていなかったようで、ほんの小さいスペースに巣の材料であるワラや枯れ草をせっせと運んでいました。

 

鳥獣保護法の関係でヒナや卵のある鳥の巣は勝手に撤去できませんから(許可なく駆除したら罰則あり)、このスズメに巣を作られたくなければ巣作りをし始めた「今」なんとか対処するしかありません。

 

ひとまず、カーポートの屋根近くに詰め込まれた藁やら枯れ草やらを全て取り除き、詰め物の位置を調整しました。

 

本当はもっとしっかり万全の対策を講じたかったのですが、いくら育休中のモチ子とはいえ、突然の鳥対応にパッと時間を割けるほど暇ではないので、とりあえずはこんな感じで対応しました。

 

が、甘かった。

 

窓越しにスズメが飛んでいるのがチラチラ見えるので再び嫌な予感はしていましたが、なんとか子供を寝かしつけて2時間後ぐらいに様子を見に行くと、また同じ場所に今度は別方向から草を詰め込んでいました。

 

 

しかもスズメちゃんたら、二羽いるじゃないの!

 

そりゃそうか。一羽じゃ子供は作れませんからね。

 

二羽の視線を感じながらも再び草を取り除き、今度は隙間をガムテープで簡単に塞ぎました。

 

あくまで応急処置なので、後のことも考え、ベッタリしっかり完全に貼ったわけではありません。

 

なので、もしかしたら・・いやおそらく、スズメは諦めないだろうなと思っていました。

 

 

もし巣が完成して卵を産んでヒナが孵れば、親鳥は子のためにエサの虫を運んで来るでしょうし(想像するだけで気持ち悪い)、フンだって落ちるでしょう。

 

真夏のカーポートの屋根付近はとても高温になるため、暑さで命を落とすヒナもいると聞きます。

 

一つの巣に産む卵の数は大体5個ぐらいだそうですが、五羽の鳴き声というのは相当うるさいでしょう。

 

巣作りしている場所が寝室の壁の向こう側なので、早朝から強烈な目覚まし時計の役割を果たしてくれそうです。

 

スズメに限らず、ツバメの巣などを自宅の軒先に作られても、巣立ちの日まで温かく見守るご家庭も少なくないようですが、モチ子は絶対無理です。

 

喘息持ちで鼻炎持ちでアレルギー体質のモチ子にとっては、スズメ&巣は「ザ・アレルゲン」以外の何物でもありません。

 

鳥はダニや病気も運んで来ますし、こうして書いてるだけで何だか痒くなってきます。

 

縁起が良いと言う方もいますが、そういう非科学的なものにはあまり興味がないもので。(てへ)

 

まぁ時期的に、小学生のお子さんのいる家庭であれば、夏休みの自由研究として「我が家に住み着いたスズメの観察日記」なんてのもアリかもしれませんね。

 

 

どちらも一歩も引かない、モチ子と雀の熱いバトル。

 

さてスズメちゃん、私が外をうろうろしている間はカーポートには来ません。

(一度、私が死角にいて見えなかったのか、すぐ近くまで飛んで来て、直前で慌てて空に戻っていったことはありましたが。)

 

しかし、我が家や隣の家の屋根、また電線上などからこちらの様子を伺っています。

 

口に細長い草をくわえながら。

 

「みすみす巣を作らせてたまるかー」と警戒するモチ子。

 

「あの人間ジャマだなー」と苛立つスズメ。

 

スズメは夜行性ではないので、モチ子が夜寝ている間に巣が完成してしまうことはないだろうと思い、翌日に(ワラビ君が)本格的に対策することにしました。

 

翌早朝、スズメの鳴き声で目が覚めました。

 

ご近所さんに見られてはいけないような格好でコソコソと外に出てみると、ヤツらがせっせと草を運んでいました。 

 

地面を見ると鳥のフンが・・。

 

 

ムッキー!(怒)

 

 

ところで、スズメは警戒心が強いらしいのですが、二度も巣作りを妨害された場所を危険と思わないあたり、警戒心が強いとはとても思えません。

 

でも、それだけ営巣場所への執着が強いということですかね。

 

早速ワラビ君を起こして、草を撤去し隙間を完全に塞いでもらいました。

 

スズメ達が草を運んで来るとき、結構落としていて地面のあちこちに散らばっているので、それを片付けるのも大変でした。

(作業中は鼻がムズムズ、目もゴロゴロでかなり不快!)

 

 

その後どうなったかと言いますと・・

 

3度目の撤去をし、1時間後に現場チェックしたところ、カーポートには異常がなく、真下に草が一つ落ちていました。

 

おそらくスズメさん、

 

「やっとあの人間、家に入ったか。よし巣作り再開だー!ってあれ?巣を作れそうなスペースが無くなってんじゃねーか!」

 

と愕然とし、くわえていた草をポトリと落としてしまったのではないかと。(想像です)

 

その後も数時間はスズメが飛んでくる様子が窓越しに見られ、鳴き声も聞こえていましたが、午後には静かになり、カーポートに来ることもなくなりました。

 

忌避剤などの鳥避けグッズは効果があったり無かったり、または慣れが生じたりすることもあるようですが、寄り付くスペースを塞いでしまえば来る理由がなくなります。

 

風雨を凌げるカーポートはスズメの巣作りに適した場所なのかもしれませんが、ワラビモチ家のカーポートを選んだのは選択ミスでしたね。

 

 

ちなみに、スズメの巣作りの時期が何月頃なのか調べたところ、繁殖期である2月〜9月に作られるようです。

 

今はまだ7月。

 

念のため、冬を迎えるまでは警戒せねば!

 



自己紹介

 

iPhoneImage.png

 

30代のモチ子と申します。

 

27歳で結婚し、夫のワラビ君の浪費癖(もちろん貯金ゼロ)によろめきつつも、ダブルインカムの油断と忙しさから、家計の見直しをすることなくここまで来てしまいました。

 

3人の子供に恵まれ、マイホーム新築により2,400万円の住宅ローンを組み、遅ればせながらやっと「家計やばいんでない?」と気づいた次第です。(遅)

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ    

 

↓マイホームに関する情報が盛り沢山!
にほんブログ村テーマ 新築一戸建てへ
新築一戸建て

 

↓リアルなお金の話はかなり参考になる!
にほんブログ村テーマ 家にまつわるお金の話へ
家にまつわるお金の話

 

↓長いお付き合いになるので最初が肝心!
にほんブログ村テーマ 住宅ローンへ
住宅ローン

 

スマホ版

関連コンテンツ

カテゴリ

月別アーカイブ

記事検索

others

スポンサーリンク